現在位置

ホーム > 区役所 > 兵庫区 > 計画・取り組み > 兵庫区:「神戸っ子応援団」活動紹介 > ふわふわドームと公園きもだめし

更新日:2020年10月1日

ふわふわドームと公園きもだめし

ここから本文です。

令和2年「ふわふわドーム」と「公園きもだめし」

ふわふわ1「疲れを知らない子どものように」と、かつてのヒット曲の歌詞そのままに、暑さをものともせず、いつまでも跳びつづける子どもたち。ここは兵庫区湊川公園、区役所前に新しい遊具「ふわふわドーム」ができました。

ふわふわ2新型コロナウィルス対応のため兵庫区でも地域の夏祭りやラジオ体操がことごとく中止されるなど、子どもたちが寂しい思いをしているなか、8月6日、「ふわふわドームオープニングセレモニー」が行われ、近隣の児童館の子どもたちが風船をとばして「ふわふわ遊び」をしました。上の写真でわかるように、ふわふわドームは中に空気が詰まったトランポリンのような遊具です。子どもたちは柔らかなドームの上でピョンピョン跳ねる感覚が大好きなのです。

ふわふわ3ふわふわドームは人気者になりました。左の写真はオープン5日後の様子です。猛暑にもかかわらず、毎日終日、親子が遊びに訪れています。日陰になり風もよく吹き通るので、みなさん心地よく過ごされているようです。家の中で過ごすことが多くなっている子どもたちに、楽しい外遊びの場所がプレゼントされました。(利用は小学生までです)

 

きもだめし1さて、続いて紹介する子どもたちのためのイベントは、こどもフェスタ実行委員会企画「公園きもだめし」です。兵庫駅南公園で8月10・11・12日の夜に開催されました。前もって参加登録した保護者と仮装した子どもは一組ずつ間をあけて、まず怖い話を聞くゾーン(写真左)へ、その後各種お化けが待ちうけるゾーン(右写真)へ出発していきます。

きもだめし2

きもだめしのコースには、公園のつくりを利用していろいろな通過地点が設けられています。運河を渡る橋が「お札を貼った呪いの館」になっていたり、樹木でおおわれた外周道が「ジェイソンやゾンビと遭遇する世界」になっていたり、などなど。今回取材に訪れた日の夜は、約60組の親子が涼しげに吹く風と共に蒸し暑い夜を楽しんでいました。

きのだめし3きもだめしをクリアすると、ゴール地点で記念品をいただくことができました。今回のイベントを計画した「こどもフェスタ実行委員会」では、親和女子大ユネスコクラブ、兵庫図書館、近隣の企業や保育園・児童館にお勤めの方など、多くの地域の人々がボランティアでかかわっています。子どもたちのために貴重な時間をつくっていただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

兵庫区総務部まちづくり課 

〒652-8570 神戸市兵庫区荒田町1丁目21-1