ホーム > 区役所 > 兵庫区 > 計画・取り組み > 入江手作り教室と駅南公園プレイパーク

入江手作り教室と駅南公園プレイパーク

最終更新日:2021年3月8日

ここから本文です。

子ども達のための活動が再開

令和3年3月、2度目の緊急事態宣言が解除となり、子ども達が参加できる地域活動が再び始められています。入江地域福祉センターでは青少協入江支部が手作り教室を開きました。参加した子ども達は8人とまだ少ないものの、久しぶりの地域での活動、「粘土の貯金箱」づくりを楽しみました。

再開1

同じ日、JR兵庫駅南公園では「えきみなプレイパーク」が開かれていました。兵庫駅南公園こどもフェスタ実行委員会が定期的に行っている「まち中や公園でのびのびと遊べたり普段経験できないことができたりする」活動です。再開2

再開3この活動も緊急事態宣言が発表されている間はお休みしていました。

広い公園のあちらこちらに、いろいろな遊び道具が置かれていたり、普段は経験できない遊具が設置されていたり、その中で子ども達は思い思いに楽しんでいます。ボランティアの学生スタッフが一緒に遊びながら見守っています。

少しずつではありますが地域の活動が再開し始めました。

お問い合わせ先

兵庫区総務部まちづくり課