現在位置

ホーム > 区役所 > 中央区 > 区の紹介 > かたりべ > 第9話 筒井の里の宝物

更新日:2020年10月9日

第9話 筒井の里の宝物

ここから本文です。

今の割塚通一丁目に大きな丸い古ふんがあって、筒井の村の老人たちは伝えていました。

「このつかの下には、黄金が千枚うずめらている。 もしいつか、この筒井の村がおとろえて、家の数がたった三げんになるようなことがあれば、この黄金をほりだして、村を再建するのじゃぞ」 今から四百年前に豊臣秀吉が大阪城を築こうとした時、この古ふんの中の石の部屋も、城の石がき用の石にするため、わり取られ、切りだされていったといいます。


この時から、この古ふんは割塚とよばれるようになりましたが、この時に宝物が出てきたかどうかは伝えられていません。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

中央区総務部まちづくり課 

〒651-8570 神戸市中央区雲井通5-1-1