現在位置

ホーム > 区役所 > 灘区 > 区の紹介 > 区長の日記 > 「募金百貨店プロジェクト」灘区第1号の覚書調印式がありました(令和2年11月11日)

更新日:2020年11月17日

「募金百貨店プロジェクト」灘区第1号の覚書調印式がありました(令和2年11月11日)

ここから本文です。

今年も10月から始まった赤い羽根共同募金。新型コロナウィルスの影響で街頭での募金活動が難しいなど厳しい環境の中ですが、自治会、婦人会、保育所、幼稚園、学校、法人等の多くの方が個別に活動していただき、皆さまの温かい善意をお寄せいただいております。本当にありがとうございます。

さらにこのたび、「募金百貨店プロジェクト」に「特定非営利法人 蓼の会 ぐりん・どあ」様が灘区第1号として参加いただくことになり、灘区での新しい形の募金活動を進めることができました。この「募金百貨店プロジェクト」は、参加いただく企業・団体で募金付き商品を企画・販売していただくことで、企業様の地域貢献活動とあわせて、商品を購入された方にとっても消費活動が地域支援につながるという取組みです。

11月10日、区役所にて、(特非)蓼の会ぐりん・どあの松本純一理事長、兵庫県共同募金会の江本幸仁会長、灘区共同募金委員会の荒木康夫会長にご出席いただき、覚書調印式を行いました。今回、ぐりん・どあ様では11月1日から来年1月31日までの間、六甲道本店でのランチとお弁当、灘店でのお弁当の売り上げの1%を赤い羽根共同募金に寄付していただくことになっております。

0240-2

0240-3

0240-4

このぐりん・どあさんは就労継続支援B型事業所として、主に精神障がいをお持ちの方がメンバーとなり、就労訓練として調理、接客、配達、宣伝といったお店の運営のほとんどに携わっておられます。厨房の仕事に携わっていた2名の方が調理師免許を取得してその分野で就職したりするなど、就労に向けた取り組みにもなっております。

私も早速、区役所からすぐ近くの六甲道本店でランチをいただきました。新型コロナウィルス感染防止の対策もしっかりされており、アットホームで温かい雰囲気のお店です。お店で働いているメンバーの方と顔なじみのお客さんがにこやかにお話しされたり、次の来店の約束をされたりしている様子を見て、単に食事をする場所ではなく、人と人との交流の場になっていることを実感しました。

0240-1

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1