現在位置

ホーム > 区役所 > 灘区 > 区の紹介 > 区長の日記 > 「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」が始まりました(令和2年9月16日)

更新日:2020年9月18日

「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」が始まりました(令和2年9月16日)

ここから本文です。

ミーツアートポスター

六甲山で2010年から例年秋に開催されている「六甲ミーツ・アート芸術散歩」。山上に点在して展示される現代アートの作品を、ハイキング気分で周遊しながら鑑賞できる屋外型の展覧会です。11回目の開催となる今年は、9月12日(土曜日)から11月23日(月曜日・祝日)までの間開催されますが、9月11日に内覧会・表彰式がありました。

 

今年は過去最多となる44組のアーティストが参加され、新しい会場として「六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)」、「有馬温泉エリア」、「JR新神戸駅」が加わって過去最多の会場数になりました。コロナ禍での開催となりましたが、オープンエアーな環境の中で、自然を満喫しながら心身ともにリフレッシュしていただけるイベントだと思います。

内覧会では、六甲山カンツリーハウスや自然体感展望台六甲枝垂れ、六甲スカイヴィラなどを回ってきました。作品と自然がうまく調和していて、そこに作品があることで、これまでとは違った風景に見えたり、より魅力的な場所になったり。アートの力の凄さを実感しました。高校生(大阪府立天王寺高等学校美術部)の皆さんの作品もありました。

高校生作品

表彰式では、公募大賞グランプリが、自然体感展望台六甲枝垂れに展示されている上坂直さんの「六甲景鏡」になりました。六甲山上のさまざまな施設の空間を5カ所選んで、精巧に縮小・再現した立体作品です。作品をよく見てみると、部屋のベッドの上にマスクが置かれています。あまりにもリアル、精巧過ぎて感動しました。神戸市長賞もあり、公募アーティスト作品の中からKIMUさんの「green on green(グリーンオングリーン)が選ばれました。六甲山カンツリーハウスにあるこの作品も、インパクトの強い作品です。「あれ、何?人?」と一瞬目を奪われました。

大賞

市長賞

現代アートの鑑賞は何か難しい印象がありますが、シンプルに「面白いかどうか」で楽しんでいただけるような感じがします。どうぞお気軽に、秋の六甲山の芸術散歩をお楽しみください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1