更新日:2019年11月1日

2017年8月

ここから本文です。

星影のステラ(2017年8月26日 水野)

8月26日(土曜日)、アルバイトを終えた私はそのまま山へと急いだ。どうしても行きたい場所があったのだ。夜景、ジャズ、日本酒。なんとも粋な三拍子を揃えたそのイベントは、「ステラ451」と名付けられていた。

ステラ451は、摩耶山虹の駅で開かれる立ち飲みスタイルの灘の酒のイベントだ。毎年8月の終わり頃に2日連続で開かれているが、今回は私の都合がつかず最終日の夜に、それもギリギリ滑り込みになってしまった。摩耶ケーブルへと急ぐバスの窓から見える景色は既に真っ暗で、夏の終わりを予感させる。

バス停に到着したところ、目の前でケーブルが行ってしまった。普段は20分ごとの運行であるため焦ったが、すぐに臨時便が到着した。ケーブルの光がどんどん近づいてくるのには、小さい子供のようにわくわくしてしまう。

▼チケットを買って、列に並ぶ。

まやビューラインチケット

▼ケーブルが見えてきた。

虹の駅についたら、すぐに屋台が見えた。いつもお世話になっている灘区役所の職員の方々にご挨拶し、そこで灘の日本酒を購入。なみなみ注いでもらったコップを持って、先に到着していた友人たちを探しに行く。

▼お酒と夜景。

友人と無事に合流し、談笑しながらお酒を飲んでいると、聴こえてきたのは“Stella by starlight(邦題:星影のステラ)”.
ジャズギタリストの伊藤シュンペイさん率いるトリオの、なんとも心地良い演奏だった。この他にも、誰もが一度耳にしたことがあるような、分かりやすいジャズ・スタンダードをたくさん聞かせていただいた。

友人たちの近況もひとしきり聞いたところで、沢の鶴さんの日本酒と、おでんを追加。私はお酒を飲むようになってまだ1年とそこらだが、そんな初心者にも飲み易いお酒だった。また、よく味の染みているあたたかいおでんが、涼しい山の夜には合う。

▼1000万ドルの夜景。

摩耶山虹の駅からの夜景

気づくともうラストオーダーの時間で、ずいぶんとここに居たのだなあと驚いた。ステラではゆったりとした時間が流れていて、心地よく過ごすことができた。食・音楽・風景が同居し引き立てあう、贅沢な空間であった。

食物栄養学科生の日常とバスと神戸交通局と。(2017年8月10日 橋本)

私は区内の神戸松蔭女子学院大学で食物栄養学を専攻しており、授業では講義以外にたくさんの実験や実習を受けている。
大学の授業というのは、一般に一コマ90分だが、実験や実習は短いもので2時間強、長いもので5時間以上に及ぶ。基本的に休憩を挟まないため、開始時刻が他の授業とは異なる。そのため、普段は「松蔭バス」と呼ばれる大学が手配しているバスに乗車するが、実験や実習がある日は市バスを利用する。

最近、JR六甲道の改札を出ると、駅構内まで人が並んでいる。
バス乗り場に向かうと、その日乗車する予定の36系統から列が伸びている。
いつもは駅構内にまで並ぶことはないので、不思議に思っていたところ、最近理由が分かった。
テストの時期になると、普段は幽霊と化している学生が、大学に顔を出すそう。
したがって、神戸大学の試験期間が終わるまでは、36系統含め神戸大学行きのバスは混みがちになる。
ちなみに、今年の神戸大学の試験期間は8月9日(水曜)までなので、それ以降は今より快適な混み具合のバスに乗車できるはず。
バスが混み始める頃には、「学生がテストで忙しい時期なんだな」と、温かい目で見守っていただけると嬉しく思う。

また、神戸市営交通は平成29年8月1日に100周年を迎えた。
ご興味のある方は、ぜひ下記のページをご覧ください。

また、バス関係で個人的におすすめしたいのは、今年の4月から始まったICカードによる市バス乗継割引。
バスを降りたあと、2乗車目の下車まで1時間以内に連続して、PiTaPaなどのICカードを使用し市バスを乗り継ぐ場合に最大210円の割引が適用される。
例えば、松蔭や神大の学生は、バスでJR六甲道まで降りると、その後タダで三宮まで行くことができる。

詳しくは以下のページをご覧ください。
ICカードによる市バス乗継割引

学生だけでなく、どなたでも利用できるので、これを機にぜひ利用してみてください☆

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1