現在位置

ホーム > 区役所 > 灘区 > 計画・取り組み > 灘区「地域力を高める」手づくりの活動・事業補助金 > 令和3年度「地域力を高める」手づくりの活動・事業助成金活動報告

最終更新日:2022年7月4日

令和3年度「地域力を高める」手づくりの活動・事業助成金活動報告

ここから本文です。

令和3年度は、計7団体に助成金を交付しました。助成対象団体の1年間の活動が終了いたしましたので報告いたします。

六甲山を活用する会

六甲山麓の市民の皆さまに、六甲山上で明るく快適な六甲山を活用する会2
「散歩道づくり」をする市民ボランティア活動への参加を呼びかけてきました。
令和元年から3年間にわたって、「六甲山ササ刈り隊」と名づけて広報し、子どもから大人まで多くの方に行事に参加してもらいました。
六甲山の自然に親しみ、ササ刈りなどの軽い作業でひと汗かいて、六甲山上の景観を保全する地域貢献をしていただきました。
この活動を通じて、シュラインロードに200年佇む石仏の存在に触発され、貴重な歴史文化遺産を保全する新たな貢献にも目覚めました。

HAT神戸ボートコース設立実行委員会

令和3年は、「ローイングマシン記録会」・「ボートボート試乗会
試乗会」を開催。なぎさふれあいのまちづくり協議会主催「HATこうべレガッタフェスティバル」が県立美術館前広場で同時開催され、ボートの「海の賑わい」・フェスティバルの「陸の賑わい」に灘区の住民の皆様やHAT地域の皆様の参加をいただき、盛会に行うことができました。
ローイングマシン記録会・ボート試乗会は、「なぎさふれあいのまちづくり協議会」・「HAT神戸脇浜自治会」との共催で開催、HAT神戸ボートフェステバルは交流事業として開催され今では地元と一体感が生まれ、恒例行事になっています。
HAT神戸水域は商業港ですが現在では水質も向上し手漕ぎボートが浮かべる状況で無機質な護岸で囲まれた水域を親水域とし水上スポーツができる水域を目指しています。

社会福祉法人 木の芽福祉会

「ひらめの家」は様々な障がいを持たれた方が通ってひらめの家おられる障がい福祉事業所になります。普段はベンガラ染めの商品作りや下請け作業に取り組んでいます。
今回は施設の裏庭に畑と施設入り口前にプランターを作らせていただきました。その作成については、地域の方々からアドバイスやご協力をえて進めました。
これからはその畑での野菜作りやプランターの花たちを通して、障がいのある利用者さんと地域のお子さんたちの交流を図る場を創っていきます。また、地域のご家庭でコンポストで生ごみ肥料を作っていただくことで、循環型の地域づくりを行っていこうと考えています。

六甲歴史散歩会

私たちは、神戸の素晴らしい自然財産、歴史財産で六甲歴史散歩会
ある六甲山を、もっと皆さんに関心や興味を持って頂き、活用して欲しいという想いから、六甲山系の情報発信を行っています。
令和3年度は、座学を2回、NHKとのコラボ活動を1回実施しました。座学は、神戸独自の文化ともいうべき「毎日登山」の署名所として、又ハイカーの憩いの場として90年以上の歴史を持つ布引谷の「紅葉の茶屋」の女将に、茶屋の歴史と生活についてお話を頂きました。又、大正初期、大正末、昭和初期の3つの時期の六甲登山地図を比較しながら、六甲山の歴史を辿る勉強会も開催しました。NHKとは、「にっぽん百低山」という番組の「六甲山編」の収録に際し、ロケ場所や放送内容の打合せ、資料の提供などの協力を行い、番組内で弊会も紹介されました。令和3年度は、コロナ禍で、当初の活動計画も半分しか実施できませんでしたが、今後も多くの人に六甲山に関心を持ってもらえるような活動を続けていきます。

水車新田にホタルを復活させる会

私たちは、灘百選の一画を占める「水車新田のホタ水車新田にホタルを復活させる会
ル」の復活を目指して2019年に活動を開始しました。
団体に寄せられた声の一部を紹介します。
「大土神社界隈は、ホタルの名所だったんだね。」
「ホタルを初めて触った。ホタルの乱舞を初めて観た。」
「ホタルの一生を勉強した。楽しかった。」
「一人暮らしの親に言われて、遠方からわざわざ帰ってきた。」
「子供時代の懐かしい風景を思い出した。」
鶴甲小学校構内にホタル幼虫の飼育水槽を設け、3年生が日々幼虫飼育に取組んで、学年末に六甲川に放流します。
ホタル飼育の先達者である大学教授始め色々な方々に随分助けて頂きました。
都賀川や住吉川にカワニナ(幼虫の餌)採集にも出かけました。
ホタルが安定生育できる「ビオトープ」の建設が出来ないものかと各方面に陳情中です。

チームカルタス

灘区が誇る、水道筋かいわいに位置する灘中央いちばたけ
市場。この地でみんなが楽しめる農園「いちばたけ」を運営しています。「市場の畑」だからいちばたけ。市場のお店の方が命名してくださいました。
20年以上放置されていた空き地を、みんなと「手作り」で整備。おかげさまで通路に光がさす、すてきな場に!「また人が集まりたくなる場所に」「職能をいかし、とれたて野菜を味わえるように」この想いを胸に活動しています。
毎月第一土曜日と第三日曜日には「活動Day」として一緒に野菜たちのお世話をし、とれたてを味わっています。時には市場全体を味わうイベントを企画し、市場にも広がりをもてる工夫を仕掛けています。
来年度も引き続き盛り上げていきます!みなさまとお会いできる日を心待ちにしております。
※活動日が変わる場合もありますので、最新の情報はInstagramよりご確認ください!
Instagram @itibatake

minbou

みなさん、こんにちは!minbouです。minbou
阪神淡路大震災の被災経験を活かし、『5さいのぼうさい』という絵本を製作しました。
灘区内の親子世代への読み聞かせを通じ、楽しみながら備えることをお伝えしています。
読み聞かせや原画展(不定期)等も行なっています。あなたとあなたの大切な人を守るために、お役に立てると嬉しいです!気軽に遊びにきてくださいね。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1