現在位置

ホーム > 区役所 > 灘区 > 計画・取り組み > 「地域力を高める」手づくりの活動・事業助成 > 令和2年度「地域力を高める」手づくりの活動・事業助成金活動報告

更新日:2021年6月21日

令和2年度「地域力を高める」手づくりの活動・事業助成金活動報告

ここから本文です。

令和2年度は、計9団体に助成金を交付しました。助成対象団体の1年間の活動が終了いたしましたので報告いたします。

六甲山を活用する会

家族でササ刈り六甲山麓の市民の皆さま!六甲山上で明るく快適な「散歩道づくり」をする市民ボランティア活動に参加しませんか!
令和元年から「六甲山ササ刈り隊」と名づけて広報し、子どもから大人まで多くの方に行事に参加してもらっています。
六甲山の自然に親しみ、ササ刈りなどの軽い作業でひと汗かいて、六甲山上の景観を保全する地域貢献をしましょう。


六甲歴史散歩会

私たちは、神戸の素晴らしい自然財産、歴史財産である六甲歴史散歩会六甲山を、もっと皆さんに関心や興味を持って頂き、活用して欲しいという想いから、六甲山系の情報発信を行っています。
令和2年度は、摩耶山頂の「掬星台」や「八州嶺」という名称が、いつ誰によって名付けられたか?そしてその場所が本当はどこだったか?を現地調査でさぐりました。又、最近パワースポットとして人気の出てきた東六甲の磐座群(心経岩、雲が岩等)をめぐり、六甲山の山岳信仰についても学びました。
このほか、明治時代の有馬温泉を当時の新聞記事でたどる座学等も行い、座学と現地調査の2本立てで、年間5回の活動を行いました。
令和2年度は、コロナ禍で、当初の活動計画も半分しか実施できませんでしたが、今後も多くの人に六甲山に関心を持ってもらえるような活動を続けていきます。


特定非営利活動法人六甲山と市民のネットワーク

私達は、市民の皆さんに摩耶山の魅力を知っていただき、RCN訪れるキッカケとなるよう、摩耶山の自然と向き合い、五感を刺激しながら体感し学ぶプログラムを実施しています。
「摩耶山の森を感じるプログラム」として、鳥の囀り・せせらぎの音・風の音などに触れ、自然と対話し楽しむ内容で、摩耶山の森へ入り、摩耶山の自然や森を体感して創造する「森の音遊び」・「森の色遊び」というワークショップを開催。自然に身を委ね、五感を働かせて感じることで、自然の素晴らしさを感じていただきました。また、山麓にて、ワークショップでの「作品展示」も行ない、また「報告会」も実施し、多くの方と共有する場も設けました。摩耶山を実際に体感したワークショップから「摩耶山イメージソング~まやのやま♪」が誕生しました。この楽曲は、摩耶山で開催されている「リュックサックマーケット」などでも披露しています。皆様に歌い継がれていくことを願っております。


水車新田にホタルを復活させる会

私たちは、灘百選にも選ばれている『水車新田』の六甲ホタルを復活させる会川にホタルを復活させる為の活動をしています。
令和2年度は、現地の環境調査等に励むと共に、大土神社境内で「ホタル祭り」を開催しました。
3日間で延べ400名余の親子連れが、夜空に600匹の乱舞に歓声を挙げ、爽やかで賑やかな祭りとなりました。
ホタルを復活させる為には、自生する環境が必要です。鶴甲小学校3年生による幼虫飼育と研究も始まっています。
私たちは、今後も小学校・大学・地域住民と連携しながら、自生地を目指す研究と環境整備を地道に続け、灘区の癒しのスポットが鶴甲のホタル鑑賞となることを目指し、頑張りたいと考えています。


HAT神戸ボートコース設立実行委員会

「HAT神戸ボートコース設立実行委員会」は、「神HAT神戸戸でのボート発祥の地・敏馬の浜でのボートレースを」との声を受けて2013年に結成され、同年10月の「競技用ボート公開練習」をHAT神戸水域で開催し、それ以降、市民の方々にボートを体験してもらうための「ボート教室」や「レガッタ」を開催してきました。現在では、なぎさふれあいのまちづくり協議会の方々と共催で「KOBEボート教室」や「HAT神戸レガッタ」を、県立美術館前などの水域で行っています。
昨年は、灘区の「『地域力を高める』手作りの活動・事業」に採択され、県立美術館前広場で「ローイング・マシーン体験」や「敏馬の浜・パネル展」を行い、灘区の住民の皆様やHAT地域の皆様の参加をいただき、盛会に行うことができました。


美野丘小学校おやじの会

私たちは現役父兄が集まって、小学校の運動場を利用しおやじの会た手づくりの花火大会を実施しています。
今年度はコロナ禍で開催が危ぶまれましたが、子どもたちに少しでも思い出を残してあげたいという思いで皆が知恵を出し合って開催に漕ぎつけました。
今後も、子どもたちの夏の思い出として心に残るイベントにすることはもちろん、地域に根付く花火大会にしていきたいです。


チームカルタス

灘区が誇る、水道筋かいわいに位置する灘中央市場。こチームカルタスの地でみんなが楽しめる農園「いちばたけ」を運営しています。「市場の畑」だからいちばたけ。市場のお店の方が命名してくださいました。
20年以上放置されていた空き地を、みんなと「手作り」で整備。おかげさまで通路に光がさす、すてきな場に!「また人が集まりたくなる場所に」「職能をいかし、とれたて野菜を味わえるように」この想いを胸に活動。月に数回「活動Day」として一緒にお世話したり、とれたてを味わったり。時には市場全体を味わうイベントを企画、市場にも広がりをもてる工夫を仕掛けています。
来年度も引き続き盛り上げていきます!みなさまとお会いできる日を心待ちにしております。


西灘魅力発掘・発信隊

私たちは地域の魅力を発信する小冊子を作る活動をしてい西灘魅力発信隊ます。コロナ禍において地元で過ごす時間が増えましたが、それは同時に地元に目を向けるきっかけにもなると思い、地元の魅力を伝える小冊子を作ろうと思いました。これまでにも街案内の冊子はいくつか作られていますが、そこに住む人の個人的な視点をいれることで新たな切り口の街案内を模索しました。そうして出来上がったの冊子の一つが『城内ネコマップ』です。王子公園エリアのマップと共に、そこにいる猫を観察してマッピング。区内数箇所にて掲示・配布しています。


特定非営利活動法人サポートステーション灘・つどいの家

当団体は、地域の赤ちゃんから高齢者までの居場所作り・つどいの家健康作りを実施しています。当助成金で令和2年度は、コロナの影響で例年の餅つき大会は中止しましたが、感染予防をしながら、外で石焼き芋、ハロウィンお菓子の配布、クリスマスツリー飾り、バザー、抹茶体験教室などのイベントを開催させて頂きました。六甲道児童館や地域の皆様のご協力のもとイベントを盛り上げることができました。
今後も地域の拠点として、多世代がほっと一息できる居場所をご提供し、地域活性化の一助となれば幸いです!

 

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1