現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年6月 > 灘区在住の映画監督による映画講座 白羽弥仁の映画のミカタ

更新日:2021年6月25日

灘区在住の映画監督による映画講座 白羽弥仁の映画のミカタ

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年6月25日)

毎回ユニークな視点で灘区を紹介する「灘大学」。
今回は特別講座として、灘区在住の映画監督、白羽弥仁さんをお招きし、映画講座を実施します!
ただストーリーを追うのではなく、情報の読み取り方や隠された作画意図など、目からウロコの映画の見方を伝授する3講座。映画の見方が変わります。

1.概要

主催:灘百選の会
事業名:灘大学(特別講座)
開催方法:ZOOMによるリモート講義
講義数:全3講座(1講座ずつの受講も可能)
参加費:3,000円(全3講座セットの回数券)(1講座ごと1,500円/回)
※受講料はネット事前決済(クレジットカード)のみ
※受講料の払い戻しはできません
※講義の内容はアーカイブスでいつでもご覧いただけます

2.講義内容

<第一夜>スティーブン・スピルバーグはどれだけスゴイか
日時:7月2日(金曜)19時から20時30分
内容:「激突!」「JAWS」「未知との遭遇」「E.T.」「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」「ミュンヘン」などに焦点を当てます。
※事前に作品をご覧いただくことで、「なるほどそうか!」とより一層講義をお楽しみいただけます

<第二夜>「黒澤明と戦後日本映画史」
日時:8月6日(金曜)19時から20時30分
内容:「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」「蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」「天国と地獄」などに焦点を当てます。
※事前に作品をご覧いただくことで、「なるほどそうか!」とより一層講義をお楽しみいただけます

<第三夜>「死ぬまでにこれを見とけ!白羽弥仁が選ぶ映画100本」
日時:9月3日(金曜)19時から20時30分
内容:白羽監督厳選、これを見ないと人生損する!という100本を解説付きで時間の
許す限り紹介します。

3.講師

白羽弥仁氏(映画監督)
白羽監督
1964年3月11日生まれ 兵庫県出身
日本大学芸術学部演劇学科卒
日本映画監督協会会員
国際ファッション専門職大学講師
1993年「She’s Rain」監督・脚本(共同脚本・岡田惠和)
2008年「能登の花ヨメ」監督
2015年「劇場版 神戸在住」監督
2017年「ママ、ごはんまだ?」監督・脚本
*第64回サンセバスチャン国際映画祭正式出品
2019年「みとりし」監督・脚本

4.申し込み先・詳細

下記のURLからお申込みください(外部リンク)
https://coubic.com/nada100/booking_pages(外部リンク)

5.問い合わせ先

「灘百選の会」事務局
神戸市灘区倉石通2-2-29西灘文化会館2F
TEL:090-8826-2251(月曜から金曜・11時から17時まで)


7.その他

共催:灘区役所

灘大学(神戸市灘区HP)
https://www.city.kobe.lg.jp/c63604/kuyakusho/nadaku/nadadaigaku.html

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

灘区総務部まちづくり課 

〒657-8570 神戸市灘区桜口町4-2-1