現在位置

ホーム > 区役所 > 東灘区 > 計画・取り組み > 東灘区学生サポーターについて

更新日:2020年11月24日

東灘区学生サポーターについて

ここから本文です。

学生サポーターとは?

区内の大学に通う学生で組織し、若者ならではの目線で東灘区の魅力発信について企画・検討をする団体です!主にボランティア、まちづくり、行政・公務員の仕事に興味のある学生の方が参加されています!

主な活動内容

東灘区をもっとよくするイベントや企画の実施/市内または区内の企業へのヒアリング/事業のプレゼンテーション/東灘区長との懇談会など

他大学の学生と交流するよい機会にもなります。力を合わせてオリジナルの企画を実現しよう!

令和2年度学生サポーター紹介について

今年度参加の学生サポーター3名にお話をお伺いしました!

【①学生サポーターになろうと思ったきっかけは?②今後の意気込みを教えてください!】

①地域活動にもともと興味があり、思い切って挑戦したいと思い、竹谷さん応募しました。

②学生ならではの視点を大切にしていきます!これから自分たちが考えた企画で東灘区がよりよくなってほしいです!

(甲南大学3年・竹谷さん)

 

①地元が東灘区で、小学校から大学まで、東灘区にある学校に通ってきました。髙田さんそんな大好きな東灘区の区政に携わることのできる、またとない機会だと思い、学生サポーターに応募しました。

②学生サポーターとしての誇りをもって、チームで協力しながら、東灘区をさらに自慢のまちにできるよう、がんばります!そして、この学生サポーター事業が次の代以降も続くように、活躍したいと思っています!(甲南大学3年・髙田さん)

①大学生になり、人の役に立てるような何か、新しいことにチャレンジしようと鈴木さん思ったからです。また、国際関係について学んでいるので、それを生かして活動したいと思いました。

②まだまだ未熟ですが、画期的な政策に向け積極的に行動し、東灘区に少しでも貢献できるようにがんばります!(甲南大学1年・鈴木さん)

 

【③これからの活動内容を教えてください!】

東灘区で暮らす外国人の方々との「多文化共生」をテーマに活動に取り組んでいく予定です!

★区内大学に通う留学生や、自国の文化を発信しようと活動している方へのインタビュー

⇒インタビューから明らかになった現状などを、学生目線でお届けしていく予定です!

★活動の広報(予定)⇒【コミコミ(東灘区民版広報紙)】10月号・12月号・2月号

★実施事業最終報告会(3月初旬ごろ)⇒東灘区長の前でご報告します!

令和2年度の活動記録

活動を随時アップしていきます。お楽しみに♪

「多文化共生」に関する取り組み

「多文化共生」とは、国籍や民族が異なる人々が互いの文化的ちがいを認め合い、対等な関係を築き、共に生きていくことです。

学生サポーターは、外国人の方が料理をふるまう多国籍料理店や、留学生が数多く通学する神戸国際大学を訪問し、外国人の方々が日本で暮らしてみて、困っていることや感じていることの”生”の声を実際にお伺いしてきました。その中で、わかってきたことや考えられる課題を紹介します。

★わかったこと★

インタビューの様子2①外国人の方々は、自分の置かれている環境などについて相談ができるコミュニティを必要としているということ。(インターネット上でも良い。単に仕事の愚痴など気軽に言い合える場を欲している様子だった。)

②外国人の方々は、自分のできないことや間違っていることを日本人から教えてほしいと思っているということ。

インタビューの様子3③日本語をはじめとした日本の文化をたくさん吸収したいと思っている外国人の方々もいるということ。

④最近では、仕事をする際に、日本語を勉強するように言われないこともあり、日本人の意識が少しずつでも変化してきている印象を受けているということ。

 

★考えられる課題★

インタビューの様子1①外国人の方々が自分(あるいは自国)らしさを表現できない環境に置かれていること。

②外国人同士も集まれるようなコミュニティーやイベントが乏しいこと。

③まだ外国人と日本人の間に、心の「壁」(隔たりのようなもの)があること。

④外国人の方々にゴミの分別方法などを教える環境が完全には整備されていないこと。

★学生サポーターが活動を通して感じた、みなさんに伝えたいこと★

近い将来、外国人の方と関わる機会が増えると予想されています。そんな中で、もし外国人の方に話しかけられた時、あなたならどうしますか?「友だちがほしい」「コミュニティを通して人脈を広げたい」「日本で暮らしていくための情報共有をしたい」など、さまざまな理由から、必死に日本語を勉強して、勇気をもって日本人に話しかける外国人の方々がいます。また、日本人との心の「壁」あるいは「距離」に苦労している方々がいるという事実もあります。私たちは、これまでの活動を通じて、そんな現状を知りました。

本当の意味での「多文化共生」を実現するためには、私たち日本人が外国人の方々に対する意識を変えていかなければならないと、私たちは感じました。日本語や日本の文化を教える(押しつける)だけでなく、まずは日本人の私たちから歩み寄り、外国人のアイデンティティも尊重する。そのような「多文化共生」について意識する姿勢を持つことから始めてみましょう!

外国人留学生との集合写真

リアル謎解きゲーム体験レポート

10月17日(土曜)~11月23日(月曜)に東灘区で開催されたリアル謎解きゲーム~NO密で濃密な時間を秋の神戸東灘で~」を体験しました!

その魅力を、学生サポーターがたっぷりご紹介します。

※イベントは終了しました。ありがとうございました。

令和元年度実施の様子

令和元年度は、学生が持ち込んだスケートボードの体験会とハーフパイプを使った迫力あるショーを実施しました!

日時:令和2年2月15日(土曜日)11時30分~16時00分イベント当日の様子

場所:六甲アイランドイベント広場

内容

インストラクターによる、お子様が楽しめるスケートボード体験会

プロスケーターによる、ステージ上のハーフパイプでの迫力あるショー

区内大学の学生による、飲食ブースの出店イベント当日の様子(その2)

地元企業による、テニス体験ブース

同日開催の「東灘ファミリーフェスティバル」とのクイズラリーコラボ

 

★令和元年度最終報告会・発表資料(PPT:10,279KB)

お問い合わせ先

〒658-8570/神戸市東灘区住吉東町5-2-1/神戸市東灘区役所まちづくり課

TEL:078-841-4131(内線225)/FAX:078-811-4901/MAIL:j-machika@office.city.kobe.lg.jp

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

東灘区総務部まちづくり課 

〒658-8570 神戸市東灘区住吉東町5丁目2番1号