現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年9月 > 神戸市初!農村でのお試し住居、始めましたー里山暮らしへの第一歩ー

更新日:2021年9月29日

神戸市初!農村でのお試し住居、始めましたー里山暮らしへの第一歩ー

ここから本文です。

gaikan

記者資料提供(令和3年9月27日)
神戸市では、里山・農村地域にある魅力を発信し、コロナ禍での新たな暮らしを提案しています。これまで、「農村での暮らしに興味があるが、いきなり移住するのはハードルが高い」との声を聞いており、このたび、実際に農村地域での暮らしを体験していただけるよう、「お試し住居」を開始しました。
快適に楽しく過ごしていただけるようリノベーションされた「ヌフ松森医院」にて、農村の新鮮な空気を感じ、開放感ある空間で体験暮らしをしてみませんか。より身近に里山を体験できるプログラムも多数用意しておりますので、存分にお楽しみください。
「お試し居住」で里山・農村地域の良さを知っていただき、移住定住につなげていきます。

1.「ヌフ松森医院」の施設概要(神戸市北区淡河町野瀬492、好徳小学校横)

松森医院は明治から地域医療の拠点として、住民の暮らしを支えてきました。閉院後38年間空家となっていた建物を、昭和レトロな素敵な味わいを残しながら関係者が一緒になって大規模改修し、地域の交流拠点施設として再生しました。「お試し住居」の他、珈琲スタンドやレンタルスペース、シェアオフィスが併設されています。
※施設の詳細:共用風呂1か所、トイレ3か所、ランチ営業あり(珈琲スタンド)、10月中旬よりパン食堂オープン予定
公共交通:神戸電鉄道場南口駅から神姫バス「三木行」、「淡河行」で「野瀬」下車すぐ

2.「お試し住居」の概要

「ヌフ松森医院」の2部屋を「お試し住居」としてご利用いただけます。
※部屋の詳細:101号(洋室11畳、2~3名まで)、201号(洋室8畳、2名まで)
冷蔵庫有、自炊可能(201は共用キッチン)、夕食のケータリング応相談、駐車場有

3.利用対象者

下記の(1)(2)のいずれかに該当する方。
(1)市内農村地域への移住を希望する個人、家族
(2)市内農村地域での暮らしやビジネスに関心が高い個人、家族
なお、利用後に実施させていただくアンケートにご回答ください。

4.利用可能期間

2泊3日~30日
予約は3か月先まで可能。チェックイン13時~15時、チェックアウト10時~12時

5.利用開始日

10月1日(金曜)から ※予約受付開始は9月28日(火曜)から

6.利用料

2泊3日5,000円 4日目以降1,000円/日(ともに実費相当の金額)
二人目は半額で、小学生以下は無料です。
※タオルや、歯ブラシなど必要なものは各自でご準備ください。詳細は、下記までお問い合わせください。

7.体験プログラム(予約制・有料)

農業体験、サイクリング、里山料理教室、古民家体験、地域住民とのお茶会など

8.申込・問合せ先

ヌフ松森医院内
Tel:080(6619)6527 Mail:neuf.cassette@gmail.com 受付時間10時~15時

9.参考

ヌフ松森医院ホームページ (外部リンク)※ヌフとは、フランス語で「新しい」という意味です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局農政計画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階