ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年6月 > 神戸初の果樹に特化した新規就農者研修を開講します! ~令和4年度「こうべ果樹の就農学校」開講式の開催~

最終更新日:2022年6月21日

神戸初の果樹に特化した新規就農者研修を開講します! ~令和4年度「こうべ果樹の就農学校」開講式の開催~

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年6月21日)
一般財団法人 神戸農政公社では里山農村振興事業の一環として、果樹の新規就農者育成につなげるため、今年度から新たに「こうべ果樹の就農学校」を開講します。
つきましては、下記のとおり開講式を開催いたしますのでお知らせします。

1.「こうべ果樹の就農学校」について

神戸市では生産地と消費地が近いという利点を活かして野菜や果樹の生産が盛んにおこなわれています。その一方で、高齢化や後継者不足が問題となっています。
そこで、神戸農政公社が長年培ってきた「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢」内の果樹や神戸ワイナリーのブドウ栽培に関する知識を活かし、果樹の新規就農者育成に取り組みます。
受講生は、果樹(ぶどう、梨、桃、りんご)の栽培・剪定管理など年間を通した栽培技術や、観光農園を運営するための経営手法を学びます。1年間で約1600時間の研修となり、神戸市での就農要件(1年以上の研修)を満たすことができます。
なお、これまで果樹の栽培を始めるにあたっては、初期の収入が十分に確保できないこともあり、新規就農は難しいと言われてきました。神戸では担い手が不足している果樹園の後継者として引き続き栽培を開始できるため、スムーズな就農が可能となっています。

2.開講式

今年は4名(男性3名、女性1名)の受講生が研修を始めます。
受講生の中には、これまでの仕事に変え、農業で生計を立てられるよう、1年間の研修に取り組み、観光農園の経営を目指している方もいます。
受講生たちは「1年後の果樹での新規就農を目指してがんばります!」と意気込んでいます。

日時:令和4年6月24日(金曜)15時30分から
場所:道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢内 りんご園前(雨天時 同施設内 バイテク温室)
   〒651-1522 神戸市北区大沢町上大沢2150
内容:受講者の自己紹介と決意表明、初めての研修(りんごへのはさみ入れ式)

3.参考

研修の詳細は下記URLをご参照ください。

「こうべ果樹の就農学校」公式ウェブサイト
https://kobenoseikosha.jp/training/index.html

4.お問合せ先

一般財団法人 神戸農政公社 里山農村地域振興本部
担当:建部、末松
TEL:078-991-1557
MAIL:satoyama@kobewine.co.jp

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

一般財団法人神戸農政公社 里山農村地域振興本部(電話:078-991-1557)