ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年8月 > 令和3年度「神戸市農村ツーリズム事業」の事業者の決定について

最終更新日:2021年8月27日

令和3年度「神戸市農村ツーリズム事業」の事業者の決定について

ここから本文です。

イメージ図

記者資料提供(令和3年8月27日)
このたび、一般財団法人神戸農政公社(以下、農政公社)では、標記事業の選定審査会を実施し、3事業者を選定しましたのでお知らせします。

1 神戸市農村ツーリズム事業とは

都心に隣接する神戸市の農村地域には歴史ある社寺仏閣をはじめ、茅葺古民家や豊かな田園風景など魅力ある資源が点在しています。本事業では神戸市内の里山・農村地域において、点在する地域資源を発掘し、それらを面的に繋ぐ周遊マップづくりや周遊ツアーの開催などの活動を支援することで、農村ツーリズムを発展させるとともに、里山・農村地域の活性化を図ります。

2 採択事業者・提案の概要

(1)
事業者名:(株)北神地域振興
事業名称:家族で参加できる道の駅「神戸 フルーツ・フラワーパーク 大沢」を起点とした神戸里山体験型サイクリングツアー
事業概要:北区大沢町では冬から春にかけてはいちご狩り、夏にはスイートコーン狩り、秋はサツマイモほりなど味覚狩りが充実している。これら味覚狩りと連動したサイクリングツアーを実施し、農村地域の魅力を五感で体験してもらう。また、北区大沢町や淡河町には茅葺古民家も多く残っており、茅葺き屋根の文化を紹介しながら持続可能な農業や建築について考えるきっかけになるような学習コンテンツを盛り込んだサイクリングツアーも実施する。
実施場所:北区大沢町・淡河町・山田町、西区押部谷町

(2)
事業者名:(株)素木
事業名称:交流拠点「HATA+BE+(はたび~)」発・周遊型アクティビティ開発
事業概要:地域の交流拠点としての機能を目指す「HATA+BE+」(押部谷町和田)を起点とし、徒歩と自転車のそれぞれで地域を周遊できるルートを造成。マップを作製し、ツアーを実施することで社寺仏閣などの観光資源を地域の歴史なども含めて紹介し、質の高い体験型観光を開催する。本年度はルート作成のためのモニターツアーや周遊型イベントを実施予定。
実施場所:西区押部谷町・伊川谷町

(3)
事業者名:どーんと八多を楽しく元気にする会
事業名称:農村里山でサイクリングと収穫体験とBBQ
事業概要:レンタサイクルを導入し散策ガイドマップを使用した周遊の中での農業体験や季節のイベントへの参加によって里山の魅力を知る体験型観光を実施する。また、BBQ場やキャンプサイトを整備し、周遊の中で収穫した野菜や地域の旅館からのジビエの配達により農村地域ならではの体験+宿泊も可能にする。
実施場所:北区八多町・淡河町

3 農政公社の役割について

(1)事業費の負担
 事業者による次年度以降の自走を目指し、初期調達費用や広報費の一部として1事業者あたり100万円を上限に予算の範囲内で農政公社が負担します。

(2)広報支援
 市および農政公社の媒体を活用し、広報支援を行います。

(3)関係者との調整
 農政公社が神戸市の各部署や他の事業者など、本事業の発展に必要な関係機関との連絡調整支援を行います。

4 問合せ先

一般財団法人神戸農政公社 里山農村地域振興本部
※令和3年7月1日に「神戸みのりの公社」は「神戸農政公社」に改称しています。

住所:〒651-2204 神戸市西区押部谷町高和1557-1

電話:078-991-1557

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局農政計画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階