ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年8月 > 神戸ネクストファーマー制度の創設~農業参入の規制緩和~

最終更新日:2021年8月26日

神戸ネクストファーマー制度の創設~農業参入の規制緩和~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年8月26日)

 これまで農業に参入するには研修機関等で1年間の農業研修に専念しなければなりませんでしたが、神戸ネクストファーマー制度の創設により、働きながらでも可能な短時間の農業研修(合計100時間程度)を受けることで100平方メートル~1,000平方メートル未満の小規模な農地を借りることができるようになり、新たな農業の在り方として運用を図っていきます。

1.趣旨

一定期間の研修を条件に小規模な農地を借りることができるように規制緩和を行うことにより、「神戸ネクストファーマー」制度を創設し、農業に親しむ機会を広く設け農村地域への移住につなげていくとともに、多様な農業の担い手の一つとして育成することで耕作放棄地の発生を防止し、将来の新規就農にもつなげていく。

2.神戸ネクストファーマー制度の概要

制度の詳細は、以下神戸市ホームページ上でご確認ください。

(URL)https://www.city.kobe.lg.jp/z/kezaikankokyoku/sinchaku.html

フロー図

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局農政計画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館3階