現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年8月 > 将来有望な人材を確保するための活動が本格始動します。~職場訪問のインターネット申込受付開始及びインターンシップの実施~

更新日:2020年8月13日

将来有望な人材を確保するための活動が本格始動します。~職場訪問のインターネット申込受付開始及びインターンシップの実施~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年8月13日)

1.概要

人材獲得競争が激化する中、神戸市が求める人材を確保していくため、今年度より、採用活動から入庁後の育成までを一元的に担う「採用育成チーム」を組成しました。
この度、神戸市職員採用ナビゲーター(略称:KOBEナビゲーター)について、職場訪問のインターネット申込の受付を開始します。
また、インターンシップの概要が決まりましたので、あわせてお知らせします。

2.KOBEナビゲーター

KOBEナビゲーターとは、大学生等の皆さまに神戸市役所の「仕事の魅力」や「職場の魅力」をナビゲートする若手職員のことです。
KOBEナビゲーターとの面談(職場訪問)のインターネット申込受付の開始にあわせて、KOBEナビゲーターを紹介する特設ページを作成しました。
神戸市ホームページ(KOBEナビゲーター特設ページ)
※8月18日(火曜)に令和2年度版に更新します。

(1)対象者
   神戸市役所で働くことに興味のある学生
(2)申込期間
   令和2年8月18日(火曜)~令和3年2月28日(日曜)(訪問可能期間は令和3年3月31日まで)
(3)申込方法・訪問までの流れ
  ①兵庫県電子申請システム(外部リンク)から申込
  ②担当するナビゲーターが学生へ日程調整の連絡
  ③学生がナビゲーターの職場を訪問
(4)その他
 ・選考とは一切関係ありません。
 ・神戸市採用試験の受験者は、受験申込から最終合格発表までの間はご利用できません。

3.インターンシップ

大学生等の皆さまに市役所における就業体験を通じて、働く意義を考え、神戸市役所の仕事に共感していただけるよう、若手職員との交流や参加学生同士の交流・情報交換を含めた実際の仕事内容を実感できるプログラムを実施予定です。

(1)実習人数(予定)
  122人(40校)
(2)実施期間
  令和2年8月18日(火曜)から21日(金曜)の4日間
(3)実習生受入局室区
  26局室区
(4)実習プログラム(予定)
  ①8月18日(火曜)全体実習
  ・神戸市の主要施策、経済・観光、研修制度、試験制度の説明
  ・グループワーク
  ・KOBEナビゲーターとの座談会
  ②8月19日(水曜)~21日(金曜)各局室区にて実習
  詳細は「実習受け入れプログラム一覧」(PDF:838KB)のとおり

参考1:令和2年度インターンシップ申込状況
(1)申込期間
  令和2年6月30日(火曜)~7月27日(月曜)正午(マイナビ2022を通した申込)
(2)申込人数
  687名(103校)
(3)実習生の決定方法
  申込者の中からエントリーシートに基づく選考により、実習生を決定

参考2:昨年度実績
(1)実習期間
  令和元年8月19日(月曜)から23日(金曜)の5日間
(2)実習人数
  112名(43校)
(3)実習受入局室区
  24局室区

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

行財政局職員研修所  

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通5-1-14 神戸商工貿易センタービル22階