現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年5月 > 集団接種会場における濃度が不足するワクチンの接種について

更新日:2021年5月17日

集団接種会場における濃度が不足するワクチンの接種について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年5月17日)

5月16日(日曜)に集団接種会場で接種したワクチンの一部について、不十分な濃度でワクチン接種を行いました。
市民の皆さまにご心配・ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
 
(1)内容
 新型コロナワクチンは、薬剤師がバイアル(ワクチンが封入された小瓶)に生理食塩水を注入し、適切な濃度に希釈したのちに注射器に分けて、医師等が接種することとされています。
5月16日(日曜)午前中に須磨区役所4階の集団接種会場で接種したワクチンについて、一度、生理食塩水を注入し希釈したワクチンを5本の注射器に分けた後のバイアルに、誤って、再度、生理食塩水を注入し、濃度が不足するワクチンを5名の方に接種する事案が発生しました。
当日16:30頃に薬剤を管理する薬剤師が、接種した回数と注射器に分けた後のバイアルの数に差異があることに気づき、発覚しました。
なお、濃度が不足するワクチンを接種した方の健康に影響はありません。
 
(2)濃度が不足するワクチンを接種した可能性がある方について
5月16日(日曜)午前中に事案が起きたことは確認できているものの、濃度が不足するワクチンを接種した5名の特定ができないため、当日午前中に接種した105名全員に対し以下(3)の対応を行います。
(連絡がつく方については、既にお知らせしています。なお、連絡先電話番号が不明な場合などで連絡ができていない方については、本日、文書でお知らせします。)
 
(3)今後の対応について
濃度が不足するワクチンを接種した場合、新型コロナウイルスに対する抗体が生成されません。
105名の対象者については、3週間後の2回目接種の際に抗体検査を行い、体内に抗体が生成されているかどうかを確認します。
抗体が確認できない場合は、1回目接種の際に濃度が不足したワクチンを接種したと判断できることから、3週間後に接種を行い適切に2回目の接種を行います。
 
(4)再発防止策
①作業工程の見直し(注射器に分けた後のバイアルの即時廃棄の徹底)
②薬剤師担当者同士の二重チェック体制の徹底

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

健康局政策課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館21階 南側フロア