現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年8月 > 特別児童扶養手当の8月定時払いにおける一部遅延

更新日:2020年8月4日

特別児童扶養手当の8月定時払いにおける一部遅延

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年8月4日)
福祉局障害者福祉センター 西谷 TEL:078-341-2505 FAX:078-361-2302
福祉局障害福祉課 星島 TEL:078-322-5225(内線:3210)FAX:078-322-6044

概要

特別児童扶養手当は、身体等に障害を有する20歳未満の児童を家庭で監護している父母等に対して、障害の程度に応じて国から直接支給される手当で、4月、8月、11月の年3回、定時支払日が設けられています。
通常、この手当を継続して受給するためには、受給資格期間の末日までに医師の診断書等を提出し、障害の認定を受ける必要がありますが、このたび新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、国において認定にかかる特例が設けられ、受給資格を1年間延長、手当も継続して支給することとなりました。
しかしながら、通知の内容理解及び認識が不十分な状態で対応し、受給資格者の一部の対象者に対して8月定時払いによる遅延が生じました。

遅延内容

特別児童扶養手当の8月定時払い(8月11日)支給対象3,832件のうち、令和2年3月末が受給資格期間となっている方で診断書が未提出の方と判定中の方81件(総額12,801,450円、139,000円~349,880円/件)の支払いが行えず、1ヶ月遅れて9月11日の支払いとなります。

今後の対応

当該受給資格者に対しては、本市から電話及び文書にて謝罪、状況説明を行います。
また、このたびの支払い遅延によりお困りの受給資格者に対して、8月定時払いで支給される予定であった特別児童扶養手当と同額の金銭を、本市が無利子でお貸しする貸付制度を案内し、借入申込者に対して速やかに貸し付けを実施します。

再発防止

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための特例も含め国の通知に基づく事務処理の変更等についての所属内の周知と管理職等による事務処理の確認の徹底を図り、再発防止に努めます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害者福祉センター 

〒650-0016 神戸市中央区橘通3-4-1 総合福祉センター3階