ホーム > ビジネス > 各業種へのご案内 > 障害福祉事業 > 障害者施設の整備 > 「障害児通所支援事業者」の再公募について

「障害児通所支援事業者」の再公募について

最終更新日:2022年5月6日

ここから本文です。

◆趣旨◆

神戸市では、民間企業より本市に対し貸与されているワコーレ須磨名谷ステーションマークス福祉関係施設(以下「福祉関係施設」といいます。)において、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」といいます。)第6条の2の2の規定に基づく障害児通所支援事業(以下「障害児通所支援事業」といいます。)を実施する民間事業者を公募します。
本公募は、「神戸市障がい者プラン(令和3年3月)」に基づき、放課後等デイサービス・児童発達支援のサービスの質を確保しながら、ニーズに応じた適正なサービス提供体制を整備すること、重症心身障害児や医療的ケアの必要な子どもを支援する事業所の確保など、障害児への地域支援の充実を図るために実施するものです(令和3年度に公募を行い、選定に至らなかったことから、再公募を行うものです。)。

◆公募要領の配布◆

期間:令和4年5月6日(金曜日)~16日(月曜日)

場所:福祉局障害福祉課(本庁1号館5階)

◆公募要領・関連資料◆

◆公募説明会◆

日時:令和4年5月23日(月曜日)午前10時00分~

場所:ワコーレ須磨名谷ステーションマークス1階 福祉関係施設

神戸市須磨区中落合2丁目2番8号

※応募予定法人は公募説明会への参加が必要です

◆実施業務◆

法、「児童福祉法に基づく指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準(平成24年厚生労働省令第15号。以下「指定基準省令」という。)」及び「児童福祉法に基づく指定通所支援の事業等の人員、設備及び運営に関する基準について(平成24年3月30日障発0330第12号)」に規定された障害児通所支援事業。

具体的には、児童発達支援・放課後等デイサービス等(重症心身障害児や医療的ケア児を受け入れるもの。主として重症心身障害児を通わせる事業を含み、児童発達支援・放課後等デイサービス以外の障害児通所支援事業(居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援)を実施することも可能とします。)。

【基本方針1】指定基準省令第4条より抜粋

児童発達支援に係る指定通所支援(以下「指定児童発達支援」という。)の事業は、障害児が日常生活における基本的動作及び知識技能を習得し、並びに集団生活に適応することができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練を行うものでなければならない。
【基本方針2】指定基準省令第65条より抜粋

放課後等デイサービスに係る指定通所支援(以下「指定放課後等デイサービス」という。)の事業は、障害児が生活能力の向上のために必要な訓練を行い、及び社会との交流を図ることができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練を行うものでなければならない。

◆応募資格◆

上記事業を円滑かつ安定して実施することが可能な法人

◆全体スケジュール◆

公募要領配布 令和4年5月6日(金曜日)~16日(月曜日)
公募説明会開催 令和4年5月23日(月曜日)
応募申請書類受付 令和4年6月7日(火曜日)~9日(木曜日)
選定委員会 令和4年6月下旬(予定)
結果通知 令和4年7月上旬(予定)
事業開始 令和4年度中

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

福祉局障害福祉課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館5階