現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年9月 > 神戸ファッション美術館 特別展「デンマーク・デザイン」の開催

更新日:2020年9月4日

神戸ファッション美術館 特別展「デンマーク・デザイン」の開催

ここから本文です。

ファッション美術館ロゴ

記者資料提供(令和2年9月4日)
神戸ファッション美術館
(指定管理者:神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体)
TEL:078-858-0050 担当:佐藤、中村
URL:http://www.fashionmuseum.or.jp E-mail:press@fashionmuseum.or.jp

特別展「デンマーク・デザイン」の開催

■デザイン大国・デンマークの名品がやって来る!

北欧・デンマークは”デザイン大国”として知られ、ハンス・ヴィーイナ(ウェグナー)、アーネ・ヤコプスン1

(アルネ・ヤコブセン)らデザイン史に名を刻む多くの巨匠を輩出してきました。家具に代表される機能性と美

しさを兼ね備えたシンプルかつモダンなデザインは、今なお世界を魅了し続けています。

本展は、デンマーク・デザイン博物館の学術協力を得て、著名なロイヤルコペンハーゲンの磁器をはじめ、デン

マーク・デザインの黄金期の名作家具、さらに現代の製品など約200点を一堂に集めました。デンマーク・デザイ

ン史を紐解きながら、その魅力をたどる旅が始まります。

ヴェアナ・パントン(1926~98年)

椅子〈ハートコーンチェア〉1958年、ヴィトラ、個人蔵

photo:MichaelWhiteway

■特別展の概要

(1)会 場 神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)

(2)会 期 令和2年9月19日(土曜)から令和2年11月8日(日曜)まで

(3)開館時間 10時〜18時(入館は17時30分まで)

(4)休 館 日 月曜日(※9月21日(月曜・祝日)を除く) 9月23日(水曜)

(5)主 催 神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社

(6)後 援 デンマーク大使館、サンテレビジョン、ラジオ関西

(7)展示協力 PPMøblerApS、KvadratA/S

(8)協 力 大阪樟蔭女子大学

(9)入 館 料 一般 1,000円(800円) 65歳以上、大学生500円(400円)

   高校生以下は無料 

  ( )内は有料入館者30人以上の団体料金

  神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引を受けられます。

   小学生以下は保護者(大学生以上)の同伴が必要です。

■記者内覧会

(1)日 時 令和2年9月18日(金曜)14時~17時(受付14時~15時)

(2)会 場 神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)

(3)対 象 新聞、雑誌、報道等マスメディアの記者 ※一般の方はご来場いただけませんので、ご了承ください。

(4)受 付 受付時間内に会場へお越しください

■展示構成

第1章 国際的評価を得た最初のデンマーク・デザイン

 白地にコバルトブルーの青花を配したデザインで世界的な評価を得た磁器「ロイヤル・コペンハーゲン」の優品を中心に紹介します。

第2章 古典主義から機能主義へ

 デンマークのデザインが国際的に注目される礎を築いた先駆者コーオ・クリント(1888~1954年)らの近代家具などを取り上げます。

第3章 オーガニック・モダニズム-デンマーク・デザインの国際化

 ハンス・ヴィーイナ、アーネ・ヤコプスン、フィン・ユール、ポウル・ヘニングスンらの作品を集めます。

第4章 ポストモダニズムと現代のデンマークデザイン

 国民の幸福度の高さで知られるデンマーク。人々の日常生活を豊かに彩る現代デザインの数々を紹介します。

■お問合せ先

神戸ファッション美術館(指定管理者:神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体)

TEL:078-858-0050 担当:佐藤、中村

URL:http://www.fashionmuseum.or.jp E-mail:press@fashionmuseum.or.jp

【デンマーク王国とは】

日本の九州ほどの国土に約560万人が住む、世界でもっとも小さな国の一つです。日本では「人魚姫」の作者アンデルセン、知育玩具レゴブロックなどで知られ

ているほか、首都コペンハーゲンも人気の観光地。福祉制度が充実し、国民の幸福度の高い国としても注目されています。

【展示例】

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

著作権表記一覧

❶皿〈ブルーフルーテッド〉 1785年ごろ ロイヤルコペンハーゲン 塩川コレクション クレジットなし

❷ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー] 椅子JH550〈ピーコックチェア〉 1947年 ヨハネス・ハンスン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❸ハンス・ヴィーイナ[ウェグナー] 椅子CH24〈ウィッシュボーンチェア/Y-チェア〉 1950年 カール・ハンセン&サン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❹アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン] 肘掛椅子〈エッグチェア〉 1958年[1965年ごろ] フリッツ・ハンセン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❺アーネ・ヤコプスン[アルネ・ヤコブセン] コーヒーポット、クリーマー、砂糖入れ〈シリンダ・ライン〉 1964年ステルトン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❻フィン・ユールボウル 1951年 マウネ・モンスン・フォ・カイ・ボイイスン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❼ポウル・ヘニングスンペンダント・ランプ〈PHアーティチョーク〉 1957年 ルイスポールセン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❽ヴェアナ・パントン椅子〈パントンチェア〉 1967年[1974]年 ハーマンミラー 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❾カイ・ボイイスン玩具〈サル〉 1951年 カイ・ボイイスン 個人蔵 photo:MichaelWhiteway

❿キビースィ自転車〈PEK〉 2015年 ビオミーガ、デンマーク・デザイン博物館 photo:Biomega

 

■同時開催 ドレスコレクション展「座(ざ)・スタイル」神戸ファッション美術館コレクション展

古今東西のファッションの魅力を、「座る姿」を通して考察していくコレクション展です。

生活の中で人々は「立つ」「座る」「横になる」など、体勢を変えながら過ごします。身に纏った衣装も、その時々の人の動きに合わせ、形を変化させながら寄

り添っています。本展ではその中で「座る」をテーマとし、古今東西の歴史的場面を演出しました。

インド・マハラジャの宮廷衣装、フランス・ロココの宮廷衣装、そしてナポレオン一世の皇帝戴冠式前夜、皇后として身にまとう衣装を見つめる妻ジョゼフィー

ヌのシュミーズドレス…。

座ることで生まれるシルエットや布の表情とともに、人と衣服との関係性や当時の暮らしなどにも思いを馳せてご鑑賞ください。

01

カメルーンバフツー王国アシンビ2世 1950年頃

02

宮廷で双六を楽しむマハラジャたち 1800年代

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局ファッション産業課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階