現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年10月 > 日本酒初心者のための「灘五郷 日本酒ビギナーズ講座」を開催!

更新日:2019年10月18日

日本酒初心者のための「灘五郷 日本酒ビギナーズ講座」を開催!

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年10月18日)ロゴ画像
灘五郷酒造組合事務局

神戸市経済観光局ファッション産業課

西宮市産業文化局産業部都市ブランド発信課

阪神電気鉄道株式会社経営企画室(広報担当)


 灘五郷酒造組合、神戸市、西宮市及び阪神電気鉄道株式会社では、2017年から取り組んでいる『「灘の酒蔵」活性化プロジェクト』の新たな取組みとして、日本酒初心者をターゲットにした「灘五郷 日本酒ビギナーズ講座」を新たに始めることとし、2019年11月から2020年2月にかけて3回開催します。本日から3講座の募集を開始しますのでお知らせします。「灘五郷 日本酒ビギナーズ講座」は、日本酒にあまり馴染みのない方々に、「灘五郷」及び「日本酒」について知っていただくことを目的としたもので、日本酒の豆知識や製法味の分類などについて、実際に日本酒を試飲しながら学べます。また、灘五郷がある地域外の方々にも灘五郷の魅力を発信し更なる認知度向上を図るために、今回、株式会社阪急交通社の協力を得て、梅田の阪急交通社グランドビルトラベルセンターにおいて開催します。

<第一回(11月25日)について>

 11月25日(月曜)に開催する第1回講座のテーマは、灘の純米酒生一本画像

 灘五郷の10社が精魂込めた純米酒の統一ブランド「灘の生一本」10種類を試飲していただきながら、「純米酒」の魅力を学べます。日本酒の基本的な知識や、全国でも有数な高品質の米と水で知られる灘の酒について、“イチから学びたい”という方におすすめの講座です。

 なお、10月18日(金曜)から各回の参加者の募集を開始します。第2回・第3回で試飲できるお酒などの詳細な内容については、後日ご案内します。

<講師紹介>

 講座の講師を務めるのは、古田豊弘氏。日本酒学講師であり、日本酒の魅力を伝える講座を各地で多数開催されていますが、「灘のお酒」に関する講座を開催するのは今回が初めて。日本一の酒どころである灘五郷の魅力を存分にお伝えしていただきます。

★古田豊弘氏のコメント★
 「日本一の酒どころ」として知られる灘五郷。伝統と革新を重ねて進化し続ける灘の酒を教材に、「これから日本酒を楽しんでみたい」という日本酒初心者の皆さんに向けた美味しくて楽しい講座を開催します。是非ご参加ください。

講師画像

※灘五郷について

 神戸市の西郷・御影郷・魚崎郷と、西宮市の西宮郷・今津郷の五つの郷の総称で、酒造りに最適の「宮水」が湧き出るほか、酒造用原材料米の最高峰といわれる「山田錦」の産地も近いことから、「日本一の酒どころ」として栄えています。現在は、27の清酒・みりんを製造する蔵元があり、全国の約25%に相当する量の日本酒がこの一帯で製造されています。

絵図

※「灘の酒蔵」活性化プロジェクトについて

 2017年10月から「灘の酒蔵」の活性化に向けて、灘五郷酒造組合、神戸市、西宮市及び阪神電気鉄道株式会社が実行委員会の構成員となり立ち上げたプロジェクト。「灘の酒蔵」の魅力を効果的に発信する様々なプロモーション活動を行っています。灘ロゴ

 これまで実行委員会の構成4者では、「灘の酒蔵」を中心とした地域の活性化、誘客促進、ブランド力向上を図り、更に「灘の酒」の需要拡大につなげることを目指し、日本一の酒どころである「灘五郷」や「灘の酒」を①知ってもらい、②訪れてもらい、③良さに触れてもらう活動を行っており、その一環として、『「灘の酒蔵」活性化プロジェクト』の開始以来、灘五郷に関するプロモーション活動を共同で行ってきました。

 今後も、これらの共同のプロモーション活動を継続していくほか、4者が、それぞれの強みを活かしながら、各種のイベントをはじめとした様々な取組みを更に充実させ、灘五郷の活性化に努めてまいります。

関連資料

(別紙)「灘五郷日本酒ビギナーズ講座」の概要(PDF:278KB)

「灘五郷日本酒ビギナーズ講座」A4チラシ(PDF:899KB)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局ファッション産業課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階