ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年11月 > 神戸ファッション美術館 ファッション都市宣言50周年記念 特別展「祝祭の景色~世界の結婚式~」の開催

最終更新日:2022年11月11日

神戸ファッション美術館 ファッション都市宣言50周年記念 特別展「祝祭の景色~世界の結婚式~」の開催

ここから本文です。

f1

記者資料提供(2022年11月11日)
神戸ファッション美術館
(指定管理者:神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体)
TEL:078-858-0050 担当:西山、亀山
URL:https://www.fashionmuseum.jp E-mail:press@fashionmuseum.jp

神戸ファッション美術館 神戸ファッション都市宣言50周年記念 特別展「祝祭の景色~世界の結婚式~」の開催

■ファッション都市宣言50周年を祝う多彩な衣装を展示
 神戸市では1973(昭和48)年、アパレル、靴、真珠、清酒、洋菓子など衣・食・住・遊に関わる生活文化産業全般を「ファッション産業」として捉え、「神戸ファッション都市宣言」を提唱しました。
 宣言以降、神戸をファッション都市として発展させるため、産学官一体となり「ファッション産業」の振興に取り組んでおり、2023(令和5)年1月に、神戸ファッション都市宣言50周年を迎えます。
 本展では、これを記念して、祝祭の代表的な行事である「結婚式」をテーマに、神戸ファッション美術館の秘蔵の品々を中心に多彩な婚礼衣装等を展示します。 
 1870年代のバスル・スタイルのドレスやディオール(デザイン:ジョン・ガリアーノ)、アニエス ベー、現代を代表するデザイナーである桂由美、コシノヒロコ、コシノミチコらのウェディング・ドレスをご覧いただけます。その他、インドネシア、韓国、インド・マハラジャ階級、ヨーロッパ諸国、和装など色鮮やかな世界各国の婚礼衣装を展示するほか、世界の婚礼儀式を衣装や舞台装置により再現します。
 作品は、四半世紀ぶりの登場作品を含む約60点を展示します。
 また、体験コーナーとして、画面上で選んだ婚礼衣装を着た姿を、その場で印刷できる「着せ替えサイネージ」を設置します。是非この機会にご来館ください。


■特別展の概要

(1)会 場:神戸ファッション美術館(兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1)

(2)会 期:令和4年11月19日(土曜日)~令和5年1月29日(日曜日)

(3)開館時間:10時〜18時(入館は17時半まで)

(4)休 館 日:月曜日、12月29日(木曜日)~1月3日(火曜日)、1月10日(火曜日)
 (ただし、1月9日(月・祝)は開館)

(5)入 館 料:一般1,000(800)円、大学生・神戸市外在住の65歳以上500(400)円、高校生以下・神戸市内在住の65歳以上は無料
 ※カッコ内は有料入館者30人以上の団体料金
 ※神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)で割引

(6)主 催:神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社

(7)後 援:公益財団法人神戸ファッション協会、サンテレビジョン、ラジオ関西

(8)企画協力:神戸ウエディング会議、株式会社ヒロココシノ、株式会社ミチココシノジャパン、株式会社ユミカツラインターナショナル

(9)展示協力: 大阪樟蔭女子大学
 

■展示構成

第1章 魅惑のウェディング・ドレス
 いつの時代も、女性の永遠の憧れとして語られ、特別のクチュールドレス(高級仕立服)と考えられるウェディング・ドレス。当館所蔵の1870年代のバスル・スタイルのドレスやディオール(デザイン:ジョン・ガリアーノ)やアニエス ベーなどの作品とあわせ、現代を代表するデザイナー 桂由美、コシノヒロコ、コシノミチコの魅力にあふれた華麗な作品を紹介します。

第2章 世界の伝統的婚礼の景色
 世界には、婚礼を「ハレの日」の特別な儀礼として、伝統を守り続けている地域があります。この章では、インドのマハラジャ階級、インドネシア、韓国などの華やかな婚礼儀式を衣装と部隊装置で再現し、現地の取材映像と共に展示する他、日本やヨーロッパ諸国の格別に豪華で色彩鮮やかな婚礼衣装を展示します。
 

■記者内覧会
(1)日 時:令和4年11月18日(金曜日) 13時30分~16時00分

(2)会 場:神戸ファッション美術館

(3)対 象:報道関係者の方々ほか
 

■関連イベント

ギャラリートーク
(1)日 時:11月30日(水曜日)、12月15日(木曜日)、1月18日(水曜日) 各日14時から約30分

(2)解 説:当館学芸員

(3)会 場:神戸ファッション美術館

(4)定 員:20人(申し込み不要。当日12時から整理券配布)

(5)参 加 費:無料(要入館券)

第12代神戸ウエディングクイーンの1日館長就任
 開会初日11月19日(土曜日)には、第12代神戸ウエディングクイーンの杉原鈴菜さん、元木香里さんが1日館長に就任します。
華やかなウェディング衣装に身を包んだクイーンに是非会いに来てください。
館内登場時間 10時00分~、11時00分~、13時00分~、14時00分~ 計4回/各回30分
※神戸ウエディングクイーンは、各回1名が登場します。

k3s k4m

■お問い合わせ先
神戸ファッション美術館(指定管理者:神戸新聞地域創造・神戸新聞事業社共同事業体)
 TEL:078-858-0050  担当:西山・亀山
 URL:https://www.fashionmuseum.jp/
 Eメール:press@fashionmuseum.jp
 

■画像
➀「インドネシア パレンバンの婚礼衣装」20世紀
➁「ウェディング・ドレス」1873~75年頃
➂「マハラジャの婚礼」1970年頃
④作品名:2011年秋冬コレクション/デザイン:コシノヒロコ/写真提供:(株)ヒロココシノ
⑤作品名:パラシュートドレス/デザイン:ミチココシノ/写真提供:(株)ミチココシノジャパン
➅作品名:ローズユミ/テザイン:ユミカツラ/写真提供:(株)ユミカツラインターナショナル

s1s2 s3

 s4s5s6


同時開催
①神戸ファッション美術館 ドレスコレクション展
 「フランス文学が誘う街とファッションー19世紀後期から20世紀へー」
 2022年は、フランスの小説家マルセル・プルースト(1871~1922年)の没後100年にあたります。20世紀西欧文学を代表する彼の長編小説「失われた時を求めて」で、登場する女性たちは麗しいドレスで着飾っています。本展は小説の主な舞台となっている、19世紀後期から20世紀初頭の貴重なドレスの数々を紹介します。

②松蔭女子学院創立130周年記念事業
 イラストレーター「ジョルジュ・バルビエ」のコレクション展
 松蔭女子学院創立130年を記念して、学院所蔵の繊細で鮮やかなポショワールによるファッションプレートを展示。アール・デコ期を彩ったジョルジュ・バルビエの描く世界が楽しめます。

③フェリシモ
 「クリスマスアーカイブコレクション展とハッピートイズおひろめ展」
 期間:11月19日(土曜日)~12月25日(日曜日)
 場所:神戸ファッション美術館エントランスロビー(無料ゾーン)
 フェリシモがえいこくのクリスマス文化研究家から譲り受けたクリスマスグッズのコレクションの一部を展示します。
また、同社の企画するハッピートイズプロジェクトに寄せられ、笑顔の親善大使として世界中の子どもたちに今後贈られる手作りぬいぐるみを紹介します。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

経済観光局ファッション産業課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階