現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』が日本遺産に認定されました

更新日:2020年6月19日

『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』が日本遺産に認定されました

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月16日)
経済観光局観光企画課
経済観光局ファッション産業課
文化スポーツ局文化財課

 

神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市(幹事市)の5市が申請を行った『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』が「日本遺産審査委員会」の結果、令和2年度の日本遺産に認定されましたのでお知らせします。

日本遺産とは、文化庁が地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として認定し、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援するもので、平成27年度から認定を開始し、令和2年までに100件程度を認定することで事業が始まったものです。

新規認定の募集は今回(令和2年度認定分)をもって最後となる予定の中で、初めて「日本酒」をテーマとしたストーリーが認定されました。

神戸市では平成30年度に認定された「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」に続いて2件目となります。

 

1.認定の概要

「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷

ストーリーの概要:

江戸時代、伊丹・西宮・灘の酒造家たちは、優れた技術、良質な米と水、酒輸送専用の樽廻船によって、「下り酒」と称賛された上質の酒を江戸へ届け、清酒のスタンダードを築きました。

酒造家たちの技術革新への情熱は、伝統ある酒蔵としての矜持と進取の気風を生み、「阪神間」の文化を育みました。

六甲山の風土と人に恵まれたこの地では、水を守り米を育てる人々、祭りに集う人々、酒の香漂う酒造地帯を訪れ、蔵開きを楽しむ人々が共にあり、400年の伝統と革新の清酒が造られています。

2.今後の取り組み

5市及び兵庫県、灘五郷酒造組合、伊丹酒造組合、各市観光団体による協議会を設立し、地域の魅力的な文化財及び観光資源を国内外に発信していきます。

photo

3.参考

<全国の状況>

申請:446件

(H27年度83件、H28年度67件、H29年度79件、H30年度76件、R元年度72件、R2年度69件

認定:104件

(H27年度18件、H28年度19件、H29年度17件、H30年度13件、R元年度16件、R2年度21件

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

経済観光局観光企画課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館9階

経済観光局ファッション産業課 

〒651-0087 神戸市中央区御幸通6-1-12 三宮ビル東館4階

文化スポーツ局文化財課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館 19階西