現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 臨海部における屋外スピーカー型防災行政無線(8基)が完成

更新日:2020年6月8日

臨海部における屋外スピーカー型防災行政無線(8基)が完成

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月8日)

1防災行政無線とは

災害発生時にすみやかに避難情報などを伝達するための設備です。神戸市内では、170基の屋外スピーカーと約2,000個のラジオ型受信機があり、屋外スピーカーは、海岸部や河川部、屋外緊急避難場所など災害発生時における重要箇所に設置されています。

2新しい設置場所

令和元年度は、平成30年に発生した台風21号による高潮被害を踏まえ、臨海部の産業用地や集客施設などを中心に、屋外スピーカー(新世代スリム型スピーカー)を8基整備しました。

併せて、災害状況を可視化するため、屋外スピーカーの付帯施設として津波・高潮等監視カメラを7基整備しました。

  1. 屋外スピーカー
    サンシャインワーフ神戸・交通局魚崎車庫・東部第2工区・東部スラッジセンター・六甲アイランドシティーヒル緑地・六甲アイランド向洋西4丁目・三宮フェリーセンター・兵庫ふ頭港湾グラウンド
  2. 津波・高潮等監視カメラ
    サンシャインワーフ神戸・三宮フェリーセンター・須磨海岸3ヶ所・六甲アイランドマリンパーク・生野自治会館

防災行政無線

神戸サンシャインワーフに設置された屋外スピーカー等

3今年度の取り組み

前年度に引き続き、臨海部の産業用地や集客施設へ屋外スピーカーを整備することで、防災情報(避難勧告等)を音声放送配信し、近隣住民の安全・安心を図ります。

※新世代スリム型スピーカーとは、スピーカーの構造や特性を改良し、高い出力レベルにより、従来のスピーカーに比べより遠く(仕様上の音達範囲は300m)、より明瞭に音を届けるもの

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階