現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年11月 > 令和3年度神戸市総合防災訓練の実施

更新日:2021年11月18日

令和3年度神戸市総合防災訓練の実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年11月19日)

12月5日(日曜)、近畿府県合同防災訓練・緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に合わせて、兵庫県では総合防災訓練を実施、神戸市においても、直下型地震をはじめ、近い将来、発生が懸念される南海トラフ地震に備えて、魚崎町防災福祉コミュニティと共催で神戸市立魚崎小学校にて、地震・津波発生時を想定した実動訓練を実施します。
実動訓練では、住民避難訓練や避難所設営・運営訓練に加えて、各種体験型訓練などを実施し、住民の防災意識の向上や防災訓練を通じた防災関係機関との連携強化を図ります。

実施日時

令和3年12月5日(日曜)8時45分から12時30分頃まで

実施場所

神戸市立魚崎小学校(神戸市東灘区魚崎中町4丁目10-8)

主な参加機関・参加者(調整中・順不同)

地域団体:魚崎町防災福祉コミュニティ

行政関係機関:神戸市(危機管理室、環境局、東灘区役所、東灘消防署、東灘消防団本団、東灘消防団魚崎分団、魚崎中学校、魚崎小学校)、兵庫県災害医療センター、兵庫県東灘警察署

その他関係機関:兵庫県医師会、神戸市医師会、東灘区医師会、兵庫県歯科医師会、神戸市歯科医師会、東灘区歯科医師会、兵庫県薬剤師会、神戸市薬剤師会、東灘区薬剤師会、兵庫県看護協会、AI防災協議会、神戸地区トヨタ販売店、日本コンピューターネット株式会社、魚崎北部あんしんすこやかセンター、魚崎南部あんしんすこやかセンター、うおざき障害者地域生活支援センター

タイムスケジュール(予定)

【第一部】

8時45分 住民避難訓練、ドローンによる住民避難呼びかけ訓練

9時20分 訓練開会式

9時30分 避難所開設・運営訓練、各種体験型訓練等(車いす動作見学、倒壊家屋からの救助活動訓練、けが人の応急処置訓練、車両展示等)

【第二部】

10時50分 要援護者受入訓練、テント・パーティション組立訓練、外部給電体験

12時00分 外部給電を活用した避難所内の照明点灯訓練(※詳細は後述参照)

12時15分 訓練閉会式

参考:全国初!「給電サポーターマッチングシステム」の実証訓練

神戸市では、災害時に大規模な停電が発生した場合に備え、自動車事業者(日産・三菱・トヨタ)との協定を活用した電気自動車等の外部給電機能による“給電”、災害時にも継続的に発電できる港島クリーンセンターを活用した“充電”という、避難所等へ継続的に電気供給可能な“災害時給電サイクル”を構築しています。
このたび、その“災害時給電サイクル”を効率的に運用するため、AI防災協議会とともに、全国初の取り組みとなる「給電サポーターマッチングシステム」の開発を始めました。本システムでは、防災チャットボット「SOCDA」を活用し、電気自動車等への支援要請や活動状況などを一元的に管理し、避難所等への給電体制の構築が迅速に行えます。
今回の訓練では、魚崎小学校が停電したという想定で、本システムにより電気自動車等を配備して、避難所(体育館)の照明に給電を行うという実証訓練を行います。
今後も神戸市では大規模災害に向けた備えとして、AI防災協議会、協定事業者等と開発を進め、本システムの社会実装を目指します。

給電サポーターシステムイメージ画像

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階