現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > 令和2年度「危機管理室兼務・併任職員を対象としたケーススタディ」について

更新日:2020年10月26日

令和2年度「危機管理室兼務・併任職員を対象としたケーススタディ」について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月26日)
危機管理室危機対応担当

不発弾処理に関する事例研究を実施

 

危機事象の発生時には、関係職員が出動し、迅速な初動対応が重要であり、さらに発生状況等について把握・分析し、市民や関係機関に対して的確に情報発信することが求められます。

このため、現場対応を含めた緊急対応に欠かすことのできない関係部局の幹部職員を危機管理室に兼務・併任を発令し、危機管理監の指揮のもと、庁内一体となって危機に対応できる体制を構築しています。

 

この危機管理室兼務・併任職員を対象に、平成28年度以降、過去に発生した危機事案等のケーススタディ(事例研究)を実施し、危機対応力の向上を図っています。

今年度は、突発的に発生し、短期間に多くの調整が必要とされる不発弾への対応を確認します。

名称

令和2年度 危機管理室兼務・併任職員を対象としたケーススタディ

実施日時

令和2年10月29日(木曜)15時00分~17時00分

実施場所

 三宮研修センター 8階805号室

(神戸市中央区八幡通4丁目2ー12カサベラFRⅡビル)

取材について

  • 開始から終了まで、カメラによる撮影が可能です。
  • 会場では、必ず自社の腕章等を着用してください。
  • 事前の検温、マスクの着用等、新型コロナウイルス拡大防止にご協力ください。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階