現在位置

ホーム > 防災・安全 > 防災 > 防災訓練・研修 > 令和2年度ケーススタディを実施しました!(令和2年10月29日)

更新日:2020年11月26日

令和2年度ケーススタディを実施しました!(令和2年10月29日)

ここから本文です。

ケーススタディについて

平成28年度以降、危機対応時に組織の中核を担う関係部局の幹部職員である「危機管理室 兼務・併任職員」を対象に、過去に発生した危機事案等のケーススタディ(事例研究)を実施し、危機対応力の向上を図っています。

テーマは不発弾対応!

今年度は、『スタートダッシュが肝心!~短期間勝負の不発弾対応~』をテーマに、突発的に発生し、短期間に多くの調整が必要とされる不発弾への対応を確認しました。

主な内容:

①神戸市における過去の不発弾処理事例に関する座学

②平成19年に東灘区青木地区で発見された事例を基にしたグループワーク

③実際に不発弾処理事案の対応を実施した職員による体験談

実施風景

top

 

1

2

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階