現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 災害時における電気自動車による電力供給及び飲料水の供給等で日産自動車及び神戸酒心館と協定を締結

更新日:2019年11月25日

災害時における電気自動車による電力供給及び飲料水の供給等で日産自動車及び神戸酒心館と協定を締結

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月25日)
危機管理室

神戸市は、災害時における避難拠点のエネルギーセキュリティを高めるため、また災害時に必要不可欠な飲料水の確保への取組を推進するため、この度、日産自動車株式会社(本社:横浜市西区、代表執行役山内康裕)並びに、兵庫日産自動車株式会社(本社:神戸市中央区、代表取締役社長:西川博之)、日産プリンス兵庫販売株式会社(本社:神戸市灘区、代表取締役社長:長手繁)と災害時における電気自動車からの電力供給に関して、また株式会社神戸酒心館(本社:神戸市東灘区、社長:安福武之助)と災害時における飲料水の提供等に関して、本年11月25日に協定を締結しました。

併せて推進する「災害停電時の電気自動車等からの外部給電事業(神戸モデル)(※)」の展開を図り電源供給範囲を拡大することで、引き続き災害に強いまちづくりを推進します。

1.電気自動車での非常用電源活用

(1)電気自動車からの電力使用

本市は、災害による大規模停電が発生し、または発生のおそれのある場合において、要請により、緊急避難場所等で給電業務のために電気自動車(EV)「日産リーフ」を非常用電源として活用し、近隣住民に開放。

(2)神戸酒心館での充電サービス

本市は、災害による大規模停電が発生し、または発生のおそれのある場合において、神戸酒心館駐車場で電気自動車(EV)「日産リーフ」からの給電協力を得て、市民および帰宅困難者に「携帯電話の充電」サービスの提供を実施。

2.飲料水の供給について

本市は、災害が発生した場合、または発生のおそれにより飲料水の確保が困難な場合、市民の生命を守ることを目的に要請により、神戸酒心館自社の受水槽から飲料水を近隣住民や帰宅困難者に提供。

3.日産自動車グループと神戸酒心館との協働の取組

神戸酒心館は、日産自動車販売会社の店舗に配備している電気自動車(EV)「日産リーフ」を使用し、ガソリンの入手しにくい災害時に飲料水の運搬を行い、市民に飲料水の提供を実施します。

4.「災害停電時の電気自動車等からの外部給電事業(神戸モデル)」(※)

施設内の分電盤に系統電源以外の外部電源を受け入れるための改修を行い、停電時に電気自動車等のバッテリーを接続することで、スマートフォン、電気ポット等の使用のみならず、施設の天井照明やTV・PCなどの情報家電の使用が可能となります。現在、北区の大沢地域福祉センターにて実証実験を実施中です。

5.協定のイメージ

1

6.今後の取組

このような「神戸モデル」と併せての協働の取組は自治体初となります。

本市としては環境にやさしく災害時にも活用できる次世代自動車の普及に向けた施策について検討を行い、引き続き災害に強いまちづくりを推進します。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

危機管理室危機対応担当 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所 危機管理センター2階