現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2019年11月 > 手話動画『観光編』が始まります

更新日:2019年11月29日

手話動画『観光編』が始まります

ここから本文です。

記者資料提供(令和元年11月29日)
保健福祉局
障害福祉部障害者支援課

手話動画『観光編』が始まります。

神戸市では平成27年4月に、政令市で初めて施行された手話言語条例、「神戸市みんなの手話言語条例」にもとづき、手話への理解の促進および手話の普及のため、神戸市ホームページにおいて、手話を学べる動画を配信しています。
このたび、平成31年度の配信事業として、市内の有名な建物や各地の地名等を題材とした手話動画(観光編)を6話にわたり配信します。また今回の観光編では、手話動画の視聴者から寄せられた聴覚障害者や手話に関する質問にお答えするコーナーも新たに設けました。

1.動画(観光編)の内容

動画は、1話につき市内の1区もしくは2区にスポットをあてて、有名な建物や各地の名称を手話で表現します。手の動かし方だけでなく、それぞれの地名の由来などの紹介もあり、手話と一緒に小さな市内観光をした気分になれます。

2.動画(観光編)の配信

動画の画像

『手話動画(観光編)第1話(13分2秒)』と『手話動画(観光編)第2話(11分56秒)』を本日より公開し、配信しております。第3話目以降も2ヵ月に1度のペースで配信予定です。
障害がある人もない人も誰もが理解しあい、手話が身近な言語になるよう、是非ともご覧ください。なお、動画は神戸市ホームページの「神戸市みんなの手話言語条例」のページからご覧になれます。

3.神戸市手話動画事業について

当事業は、神戸市みんなの手話言語条例にもとづき、兵庫県立聴覚障害者情報センター(灘区岸地通1丁目)と協力して動画を制作しており、平成27年11月に第1話を配信し、今回の配信を含めて現在、第25話まで配信しています。

【参考】
配信中の手話動画
この動画では、毎回、テーマごとに、日常でよく使われる単語の手話での表現方法や、聞こえない人とのコミュニケーション方法などを、10分程度のドラマ仕立てで紹介しています。簡単に、楽しく、無料で、手話を学ぶことができますので、ぜひ、ご視聴ください。なお、動画はユーチューブからもご覧になれます。

関連リンク

神戸市みんなの手話言語条例(神戸市手話動画)
兵庫県立聴覚障害者情報センター(外部リンク)(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室