重度障害者等包括支援

最終更新日:2022年1月12日

ここから本文です。

サービスの概要

介護の必要性がとても高い人に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います。

サービスの詳細

常時介護を要する障害者等(一定の要件あり)に対して、居宅介護や生活介護等のサービスを包括的に提供します。

詳細につきましては下記のパンフレット等もご確認下さい。
・各種パンフレット・ご案内

対象者(児)

障害支援区分が区分6に該当する者のうち、意思疎通に著しい困難を有する者であって、以下のいずれかに該当する者。
ア)重度訪問介護の対象となる重度の肢体不自由者に相当する支援の度合いにある者であって、四肢全てに麻痺等があり、寝たきり状態にある障害者のうち、次のいずれかに該当する者。
  ⅰ)人工呼吸器による呼吸管理を行っている身体障害者
  ⅱ)最重度知的障害者
イ)障害支援区分の認定調査項目のうち行動関連項目(12項目)等の合計点数が10点以上である者。

利用料(自己負担額)

本人の属する世帯の所得区分に応じて利用者負担上限月額を設定しています。ただし、サービスにかかる費用の1割にあたる額が、利用者負担上限月額より低い場合は、その額となります。また、食費・光熱水費・日用品費等については、実費負担となります。

詳細は下記の障害福祉サービスの利用者負担をご確認ください。
・障害福祉サービスの利用者負担

利用(申請)手続き

サービスの利用にあたっては、申請手続き等が必要となります。手続きは、お住いの区の区役所健康福祉課で行ってください。
・区役所一覧

関係法令など

  • 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)

 法令の条文をご覧になりたい方は、上記法令名をコピーして、下記リンク先の「e-Gov法令検索」で検索し   
 てください。
 e-Gov法令検索(外部リンク) 
 

お問い合わせ先

福祉局障害者支援課