現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 重度身体障害児(者)訪問リハビリ利用料助成事業

更新日:2020年10月1日

重度身体障害児(者)訪問リハビリ利用料助成事業

ここから本文です。

在宅の重度身体身障害児(者)で訪問リハビリを利用される方に、かかる費用の一部を助成します。
本事業は令和2年10月1日からの実施ですが、当面の間、令和2年4月1日~令和2年9月30日の間の利用についても助成の対象といたします。
なお、本事業の実施についての要綱は神戸市行政手続条例第37条第6項第3号を準用し、結果の公示のみを実施しております。

対象となる方

次のすべてに当てはまる方

  1. 神戸市内に居住地を有する者
  2. 身体障害者手帳の肢体不自由1級又は2級に該当する者
  3. 医療保険に加入している者
  4. 在宅で訪問看護ステーションによる訪問リハビリを受けている者
  5. 対象者又はその属する世帯の他の世帯員の市民税(所得割)額の合算が23万5千円未満の者(※)
  6. 他の法令の規定により、国若しくは地方公共団体の負担による訪問看護療養費(訪問リハビリに係るものに限る)への助成が行われていない者
  7. 介護保険の被保険者でない者

(※)対象者又はその属する世帯の他の世帯員の前年の所得の状況が、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第54条、同施行令(平成18年政令第10号)第29条及び同施行規則(平成18年厚生労働省令第19号)第38条で定める基準に該当する者

助成の内容

医療保険を利用した後の自己負担額から訪問看護療養費(リハビリ利用分に限る)の1割を除いた額を、後日指定の口座に振り込みます。

利用の手続き

住所地の区役所(健康福祉課)・支所(保健福祉課)へ助成申請をしてください。

【申請時に必要な添付書類など】

  • 1、健康保険証(対象者及び同じ医療保険に加入する者の被保険者証。ただし、対象者が障害児で被保険者が後期高齢者医療制度の加入者の場合は、対象者の保険証と後期高齢者医療制度加入者全員の保険証)
  • 2、訪問看護事業者の発行した領収書(原本)
  • 3、印鑑(朱肉を使用するものに限る)
  • 4、振込先の確認ができる通帳・キャッシュカードなど

(注意1)世帯の市民税額が確認できる書類が必要となる場合があります。

(注意2)領収書の記載内容で訪問リハビリの提供を確認できない場合は、訪問看護事業所が発行する「訪問リハビリテーション利用料証明書」が別途、必要です。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室