現在位置

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 社会活動への参加 > 障害者が作る「ふれあい商品」の販売

更新日:2020年5月22日

障害者が作る「ふれあい商品」の販売

ここから本文です。

神戸ふれあい工房

神戸ふれあい工房のようす神戸市内にあるたくさんの施設・事業所などで、障がいのある方達が、生きがいや生活の充実を図り、自立した生活を送ることをめざし、[お菓子、織物、陶器手芸品、紙製品、季節の小物]など、オリジナル商品づくりに日々、懸命に取り組んでいます。
障がいのある方達の「もっと働きたい」、「もっと収入を増やして自立したい」、「たくさんの方に商品を手に取って欲しい」という強い願いを共に実現していきたい、そんな思いからショップ&ギャラリー『神戸ふれあい工房』はうまれました。
『神戸ふれあい工房』では、障害者が作る「ふれあい商品」(授産商品)の展示・販売に加え、ギフトや名刺の取次、外商受付を行うほか、期間限定の販売イベントコーナーについても設けることとしています。これらの取り組みにより、障害者の工賃(収入)アップを通じた、障害のある方の更なる自立促進を目指します。
 

市役所2号館建替えにともない、一時閉店、リニューアルに向けて準備をすすめています。店舗閉店中も、記念品・詰め合わせ等の受注を承りますので下記番号にご相談下さい。

お問い合わせ先:TEL 078-334-2011 FAX 078-334-2012

受付時間 月~金曜日(土日祝、年末年始を除く)10時から16時

神戸市内で提供可能な商品・業務について

  • こうべ仕事カタログ

市内の障害福祉サービス事業所等で提供可能な商品・業務について、「こうべ仕事カタログ」としてまとめました。
「こうべ仕事カタログ」では、実際の商品や業務風景などをご紹介しています。
ぜひご覧いただき、発注を検討される際のご参考にしてください。

障害福祉サービス事業所等について

障害福祉サービス事業所等は、一般の企業等で働くことが困難な障害のある方の働く場や日中活動の場として、企業の下請作業やオリジナル製品の製作・販売、印刷業務、喫茶や配食サービスなど、さまざまな活動を行っています。

 

障害福祉サービス事業所の未来を考える 

障害福祉サービス事業所とそこで作製される「ふれあい商品」の未来をデザインすることを目的として、本市とデザイン・クリエイティブセンターの共同により冊子をまとめました。是非、「ふれあい商品」についての理解を深める参考としてください。

 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

福祉局障害者支援課 

〒650-0031 神戸市中央区東町113-1 大神ビル7階 704号室