更新日:2020年8月26日

空き家・空き地地域利用応援制度 空き地整備補助事業 実例紹介

ここから本文です。

 使う予定のない空き地を地域活動のために利用する団体に対し、地域利用へ転用する初期経費(整備費等)の一部を補助しています。この補助を使って空き地を整備した事例を紹介します。

農作業を通じた親子の食育と子育てリフレッシュの活動の場として活用した事例

地域の方々がふれあい、農作業を通じて心身の健康増進や世代間の交流を図るコミュニティ農園として活用した事例 

空き地地域利用の実例1

 第1号の事例として、神戸市空き家・空き地地域利用バンク利活用希望団体である「森のようちえん すまっこのもり」の整備が完了いたしました。

整備団体

森のようちえん すまっこのもり

活用内容

農作業を通じた親子の食育と子育てリフレッシュ(保護者が土や水に癒やされたり、子育ての情報交換・交流をするなどによるリフレッシュ)の機会を広げる活動の場として活用。

整備内容

散水用の水道設備、既存樹木等の撤去、入り口スロープの設置等の整備を実施。

補助対象空き地

須磨区大手町

現地写真

  • (整備前⇒整備後)
    整備前後
  • (入り口スロープ整備前⇒整備中⇒整備後)※スロープの設置には子ども達も手伝いました。
    入り口スロープ整備
  • (農園部分)
    農園部分の写真

参考

 

空き地地域利用の実例2

 空き地を、地域の方々がふれあい、農作物・花等を育てる喜びと心身の健康増進や世代間の交流を図るコミュニティ農園に生まれ変わらせました。

事業名

コミュニティ(星の谷)農園

整備団体

特定非営利活動法人アルモニー

活用内容

地域の方々がふれあい、共に作業することにより、多くの方が土に親しみ、農作物・花等を育てる喜びと心身の健康増進や世代間の交流を図るコミュニティ農園として活用。

整備内容

樹木・雑草の撤去、フェンス等の更新、散水用の水道設備・バーゴラ・かまどの設置 等
(特徴:残置の建物基礎を活かして、畑を整備)。

補助対象空き地

長田区東丸山町

現地写真

  • (整備前⇒整備直後⇒整備後)
    j2zenkei.jpg
  • (整備前⇒整備直後⇒整備後)
    j2kinkei.jpg
  • (農園部分(整備直後))
    j2nouen.jpg
  • (活動風景)
    j2katudou.jpg

その他

整備団体ではアートとの連携も行っており、令和2年8月8日(土曜)に行われました開園式では、日曜大工で使うカラースプレー缶を使用してアート作品を創作されている山本剛之さんによるイベントも実施されました。
j2event.jpg

参考

 

活用した支援(補助制度)について

上記の実例については、神戸市空き家・空き地地域利用応援制度 空き地整備補助事業を活用して空き地の整備を行っています。

その他、空き家・空き地を地域活動で活用する場合の支援について

神戸市では、市内の空き家・空き地の所有者と、地域活動の場(拠点)を探している団体との橋渡しも行っています。

また、空き家・空き地を地域活動の場として活用する場合の補助制度もあります。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

都市局空家空地活用課 

〒651-0083 神戸市中央区浜辺通2-1-30 三宮国際ビル6階