現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年12月 > 不特定多数が利用するビルへの緊急立入検査の実施

更新日:2021年12月20日

不特定多数が利用するビルへの緊急立入検査の実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年12月20日)
神戸市

令和3年12月17日に大阪市北区で発生したビル火災では、死者24名、負傷者4名を出す大きな被害が発生しました。この火災を受けて、神戸市内の不特定多数の方が出入りするビルに対し緊急立入検査を実施します。

1.目的

大阪市で発生したような火災の際の安全な避難や初期消火の実施について指導し、市民の安全の確保に努めます。

2.査察対象物

神戸市内の不特定多数の方が利用され且つ避難経路となる屋内階段が一つのみのビル等(約750棟)

3.実施内容

  • 避難経路となる階段等や防火戸の閉鎖に支障となる物が置かれていないかの確認・指導
  • 設置されている消防用設備等が適切な状態で維持されているかの確認・指導
  • 建物全体の防火管理体制の再確認等

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

消防局予防部査察課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階