自衛消防組織・防災管理制度

最終更新日:2021年12月22日

ここから本文です。

近年、東海地震、南海トラフ地震や首都直下地震の発生の切迫性が指摘されており、大規模地震に対する災害対応力の強化を図ることが重要な課題となっています。
それに加えて、市街地では多数の人が利用する高層建築物や地下街等が増加しており、災害発生時には高度で複雑な対応が必要となります。
このような背景から、大規模・高層防火対象物等における地震等の災害による被害の軽減を図るため、平成19年6月に消防法の一部が改正され、一定規模以上の対象物には、自衛消防組織の設置義務が、また従来の防火管理に準ずる防災管理制度が制定されました。

自衛消防組織

防災管理制度

講習のご案内

消防署への届出

次の場合には、それぞれ管轄の消防署への届出が必要になります。
  • 自衛消防組織を設置(変更)した場合
  • 防災管理者を選任(解任)した場合
  • 防災管理に関する消防計画を作成(変更)した場合
届出様式については、防火・防災管理関係を参照してください。

お問い合わせ先

資格証の再交付など

防災管理者資格及び自衛消防組織に置く統括管理者資格、それぞれの証明書の交付及び再交付についてのお問い合わせはこちらまでお願いします。
神戸市消防局予防課
電話:078-325-8510
FAX:078-325-8525

個別の対象物に関するご相談

個別の対象物について、自衛消防組織や防災管理業務の設置義務の確認、届出に関するご相談などは、管轄の消防署にお問い合わせください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

消防局予防部査察課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所4号館〔危機管理センター〕3階