現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年6月 > 提言書「2050年を見据えた神戸のまちづくり」の提出について

更新日:2020年6月12日

提言書「2050年を見据えた神戸のまちづくり」の提出について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年6月12日)
 神戸市会 未来都市創造に関する特別委員会は,三宮周辺・ウォーターフロント地区における都心の再生や,その基盤となる潤いある都市空間の整備など,人口減少社会も見据えた新たな時代の神戸のまちづくりに関する必要な事項について調査することを目的に,活動してまいりました。
 三宮再整備の事業期間が概ね30年間で,段階的にまちの再整備を進めていく予定であることから,令和元年度の本委員会では,30年後の2050年に神戸が生き生きとした魅力あふれるまちであるためにはどんな視点が必要なのか,様々な観点から調査・議論を行い,その成果として,提言書「2050年を見据えた神戸のまちづくり」をとりまとめました。
 このたび,本提言書を市長に提出いたしますのでお知らせします。

1.日時

令和2年6月17日(水曜)午後5時頃(予定)

2.場所

市役所1号館15階 第2応接室

3.提出先

久元 喜造 神戸市長

4.提出者

未来都市創造に関する特別委員会

委員長  髙瀬 勝也(公明党神戸市会議員団)

副委員長 山下 てんせい(自由民主党神戸市会議員団)

理事 吉田 謙治(公明党神戸市会議員団)

※「吉」は「土」の下に「口」

理事 三木 しんじろう(日本維新の会神戸市会議員団)

理事 今井 まさこ(日本共産党神戸市会議員団)

理事 よこはた 和幸(こうべ市民連合議員団)

理事 香川 真二(つなぐ神戸市会議員団)

5.提言の内容(項目のみ)

(1)新たなモビリティ社会への対応

(2)Society5.0時代の地域課題解決

(3)三宮クロススクエアの整備

(4)回遊性向上のための仕掛けづくり

(5)環境に配慮した再生可能エネルギー社会の実現

(6)神戸らしさを意識したまちづくり

(7)広く神戸のまちづくりについて

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

市会事務局政策調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館25階