現在位置

ホーム > くらし・手続き > 交通・空港 > 市バス・地下鉄(交通局) > 市バス > 市バスの乗車料金 > 「市バス専用カード」等の磁気券の発売・利用を終了します

更新日:2021年6月10日

「市バス専用カード」等の磁気券の発売・利用を終了します

ここから本文です。

現在ご利用いただいております「市バス専用カード(大人・小児)」、「市バス専用昼間カード」、「市バス磁気定期券(鉄道との連絡定期券等を除く)」につきましては、順次発売・利用を終了します。
これに伴い、令和3年6月24日から令和4年1月31日の間、市バスICOCA定期券キャッシュバックキャンペーンをしています。

バスカード廃止スケジュール

発売・利用が終了するもの

市バス専用カード(大人・小児)、市バス専用昼間カード

令和3年6月30日発売終了
令和4年3月31日利用終了

バスカード1000円
市バス専用カード1,000円券

バスカード2000円
市バス専用カード2,000円券

小児バスカード1000円
市バス小児専用カード1,000円券

昼間バスカード1000円
市バス昼間専用カード1,000円券

昼間バスカード2000円
市バス昼間専用カード1,000円券

※デザインの異なるカードもあります。

市バス磁気定期券(連絡定期券等を除く)

令和3年12月31日発売終了予定
なお、市バス磁気定期券の利用は定期券の有効期間終了日までとなります。
廃止される券種については、よくある問い合わせもご確認ください。

よくあるご質問

1.市バス専用カードはお得なので無くなるのは残念です。お得にバスに乗る方法はありますか。

市バス専用カード、市バス専用昼間カードは発売金額よりも高い利用金額を設定しており、ご好評をいただいておりましたが、同等のサービスとして、令和3年4月から神戸市バス・山陽バス共通乗車ポイントサービスの実施しています。そのほか、ICカードでは市バス乗り継ぎ割引にもご利用いただけます。

2.市バス専用カードや磁気定期券といった磁気券はどうして無くなるのですか。

市バスでは、乗車券のIC化を進めており、平成20年にPiTaPa、ICOCAの利用開始、平成29年にSuicaなどの全国相互利用カードの利用開始を実施いたしました。その結果、ICカードをご利用のお客様が増え、磁気券のご利用が年々減少していることなどを踏まえて、市バス専用カード、市バス昼間専用カード、市バス磁気定期券(連絡定期券等を除く)の発売・利用を終了いたします。今後は、令和3年4月から開始している「神戸市バス・山陽バス共通乗車ポイントサービス」や「市バス乗り継ぎ割引」などお得にご利用いただけるICカードをぜひご利用ください。

3.磁気定期券はすべて廃止されるのですか。

販売が終了する磁気定期券

  1. 市バス(普通区・近郊区)
  2. 市バス(山陽バス共用区)
  3. 市バス普通区+市バス近郊区・山陽バス共用区

引き続き販売する磁気定期券

  1. 市バス・地下鉄連絡定期券
  2. 市バス・他社鉄道(JR,阪急、阪神、神戸高速)の連絡定期券
  3. 神姫バスと共通利用している58系統、明舞センターで発行している紙定期券
  4. 身体障害者特別割引定期券(市バス単独、市バス・地下鉄連絡定期券)
  5. 敬老定期券(市バス単独、市バス・地下鉄連絡定期券)

4.市バス・地下鉄NEWUラインカードは廃止されますか。

引き続き、ご利用できます。

5.市バス・地下鉄1日乗車券は廃止されますか。

引き続き、ご利用できます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

交通局営業推進課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル