現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年4月 > 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令による定期券等の取扱い

更新日:2021年4月26日

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言発令による定期券等の取扱い

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年4月26日)
新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言の発令により、市バス・地下鉄の定期券等の払戻しについて、下記のとおり取り扱いますので、お知らせします。
なお、今回の取扱いは、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言発出を受けた特例的な取扱いとなりますので、払戻しの際は、窓口にて払戻し理由を申告してください。
いずれの取扱いについても、措置期間の最終日の翌月末まで実施いたしますので、現時点として急いで行っていただく必要はありません。

1.実施期間

令和3年4月25日(日曜日)から緊急事態措置期間の最終日の翌月末まで


2.対象の乗車券と取扱内容

(1)定期券
実際のお申し出日にかかわらず、令和3年4月24日以降の最終利用日の翌日からを対象期間として払戻しを行います。
(手数料:地下鉄210円 バス520円)
※5「定期券の払戻しに関する留意事項」をご参照ください。

(2)回数券
期限が切れたものであっても、実際のお申し出日にかかわらず、令和3年4月24日を払戻し申出日として払戻しを行います。
(手数料:210円)

(3)企画乗車券等
未利用に限り、無手数料により払戻しを行います。
※市バス・地下鉄1日乗車券、地下鉄1日乗車券、市バス・地下鉄NEW Uラインカード、市バス専用カード、市バス昼間専用カードは、対象外です。
※「有馬温泉 太閤の湯クーポン」「有馬・六甲周遊1dayパス」「神戸街めぐり1dayクーポン」については、販売を一時中止しています。販売再開については、あらためてお知らせします。

3.対象となる条件

① 緊急事態宣言発出に伴う外出自粛を事由とする払戻しであること
② 緊急事態措置期間(解除された日も含む)を有効期間に含むこと

4.払戻し窓口

券:定期券発売所
回数券、企画乗車券:地下鉄各駅

5.定期券の払戻しに関する留意事項

  • 定期券の払戻しは、上記期間であればいつでも最終利用日まで遡って払戻しますので、利用されなければ期間中は払戻し額が変わりません。多数の方のお越しによる密集・密接を避けるため、余裕をもってお越しくださいますよう、ご協力をお願いいたします。
  • 本取扱いは、特例的に定期券解約の手続き日を遡るものであり、ご利用になられなかった一部期間について払戻すものではありません。そのため、ご利用を一旦中止後、再開された場合は、そのご利用になった最終日を払戻し申し出日として取り扱いますので、ご注意ください。
  • また、払戻しの手続き日に定期券をご利用になった場合も、当該手続き日が最終利用日となりますので、払戻し額が少なくなる(又は無くなる)場合があります。払戻しのために定期券発売所へ来られる際は、定期券を利用せずに、事前に乗車駅の係員にお申し出ください。
  • 今回の特例としての取り扱いにかかわらず、地下鉄定期券の場合、払戻し額は日割ではなく、月単位での計算が基本となります。1カ月定期券は開始日から8日を経過した場合、3カ月、6カ月定期券は有効期間が1カ月未満の場合、払戻し額はございませんのでご了承ください。
  • 定期券の払戻しの際には、学生証や身分証明書(免許証等)をお持ちください。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

交通局営業推進課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル