現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年8月 > 西神中央駅百貨店ビル運営事業者公募の結果について

更新日:2020年8月31日

西神中央駅百貨店ビル運営事業者公募の結果について

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年8月18日)
神戸交通振興株式会社

 西神中央駅百貨店ビルは、平成2年10月より「そごう西神店」として営業されてきましたが、令和2年8月末をもって「そごう西神店」が営業終了となることから、その後継事業者の公募を行い、外部有識者等で構成する選考委員会において、事業計画などの提案内容に対する審査を行った結果、以下のとおり優先交渉権者を決定しましたのでお知らせします。

1.選考基準及び選考結果

(1) 優先交渉権者 

 双日株式会社

(2) 選考基準・選考結果

 提案内容は、募集の趣旨である「まちの魅力やブランド力をより向上させ、新たな人を呼び込む、地域に根差した商業施設」として期待できるものと評価されました。

 また、地下鉄ターミナル駅前で成熟した住宅街である立地特性において、プレンティには面積的に入居しにくい中大型テナントを中心に誘致することで、プレンティ店舗との差別化を図ったこと。広域集客型郊外大型店舗とは異なった地域に愛され、多利用される店舗づくりを目指す、コロナ禍での厳しい経済情勢の中、理にかなった提案であること。顧客の声や既存テナントの希望も聞きながらの店舗構成としていくこと。これらの点を評価する意見がありました。

項 目

評 価 の 視 点

配点

結果

1 事業主体

(1) 財務状況が良好で、安定した経営能力を有していること。

-

-

(2) 過去10年間に、本公募と同程度の商業施設の開発及び運営の実績を有すること。(件数、商業用途床面積、階層)

20

2 基本コンセプト及び事業計画

(1) 西神中央活性化プランを踏まえた提案となっているか

(2) 以下の視点は考慮されているか

① 地域生活者の利便性

② 新たなライフスタイルの提案

③ 良質な余暇時間を過ごせるエンターテインメント性

④ 地域住民の交流の場の創出

⑤ 隣接の商業施設「プレンティ」との差別化

(3) 周辺の住環境や景観に配慮し西神中央駅と調和のあるデザインコンセプトとなっているか

(4) 開業までのスケジュールと実現可能性

40

-

3 管理運営

 施設の安定的な管理運営方法について提案されていること。

(1) 出店契約についての考え方は適切か

(2) PM(プロパティマネジメント)業務の体制は整っているか

(3) 空室(空き区画)を発生させないための取組みは適当か

(4) 賃貸借契約期間と設備機器等の整備計画は適当か

(5) 将来収支予測に基づく賃貸借契約期間は適当か

40

-

合 計

100

81

 

2.施設の概要

(1) 建物名称 西神中央駅百貨店ビル

(2) 所 有 者 神戸市(交通局)

(3) 所 在 地 神戸市西区糀台5丁目9番4

(4) 建物構造等 SRC造一部S造 地下2階地上6階建

(5) 延床面積 30,301.81平方メートル(貸付予定面積:約26,500平方メートル)

(6) 用途地域等 近隣商業地域、建ぺい率:80% 容積率:400% 7種高度地区

 

3.選考委員会 委員

 三輪 康一(神戸大学 名誉教授)

 田中 康仁(流通科学大学商学部 准教授)

  森  有美(神戸中央法律事務所 弁護士)

 志水 達也(神戸市 西区長)

 岸田 泰幸(神戸市 交通局長)

(敬称略)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

交通局営業推進課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル