更新日:2019年11月1日

神戸市営交通100周年記念イベントの実施

ここから本文です。

神戸市営交通は、おかげさまで平成29年8月に開業100周年を迎えました。交通局ではこれまで市営交通をご利用いただいているお客様への感謝の気持ちを発信するとともに、交通事業に対する理解・関心を深めていただき、市バス・地下鉄の利用促進につなげていくため、様々な記念イベントを実施してきました。

これまでに実施した100周年記念イベント

平成29年(2017年)3月

市電デザイン列車の運行(3月13日(月曜日)~)・記念ヘッドマークの装着

市電デザイン列車神戸市営地下鉄は平成29年(2017年)3月13日(月曜)に開業40周年を迎えました。交通局では同日、市営交通100周年特別企画の第1弾として、また、市営地下鉄開業40周年を記念して、「市電デザイン列車」の運行を開始しました。

また、「市電デザイン列車」の運行に合わせて、同日から、記念ロゴマークを掲載したヘッドマーク、バスマスクを地下鉄・バスに装着し、100周年のPRを行いました。

特別試乗会の様子運行開始に先立って3月5日(日曜)には特別試乗会も行われ、多くの方にお越しいただきました。

平成29年(2017年)4月

ふるさと納税制度の活用による寄附の受付開始(4月3日~)

平成29年4月3日(月曜)から、神戸市営交通100周年記念事業に対する寄附の受付が始まりました(ふるさとKOBE寄附金制度)。返礼品としては、(1)1~3万円未満については市バス・地下鉄共通NEW Uラインカードと新型車両試乗会の参加券のセット、(2)3万円以上の寄付については、鉄道コレクション(1000形車両・3両セット)と新型車両試乗会の参加券のセットを設けました。

ふるさと納税試乗会の様子平成31年2月2日(土曜)、翌週から新型車両6000形の運行が開始されるのに先立ち試乗会を開催し、多くの方にご参加いただきました。

平成29年(2017年)5月

各区神戸まつりでの100周年PR(5月20日)

区のまつり写真5月20日(土曜)に行われた各区でのまつりにて交通局のブースを出展し、なつかしの写真パネル展示と100周年記念グッズが当たる抽選会を実施しました。地域に密着したイベントである各区のまつりに局職員が出向くことで、日ごろ市バス・地下鉄をご利用いただいているお客様に市営交通100周年をPRするとともに、感謝の気持ちをお伝えする機会となりました。

花バスデザインラッピングバスの運行(5月22日~12月)

花バスデザインラッピングバス昭和50年(1975年)の第5回神戸まつりに登場した5両の花バスのうち、1号車の「太陽号」をモチーフにしたラッピングを市バスに施し、5月21日(日曜)の神戸まつりパレードにてお披露目しました。翌日の5月22日(月曜)から90・92系統にて市内を営業運行し、12月まで継続して運行しました。

平成29年(2017年)6月

ボンネットバスで行く懐かしの旅(6月~9月)

当日写真兵庫区・長田区にある、昔ながらの商店街や神社等のお勧めスポットを、人気の高いレトロなボンネットバス(こべっこ2世号)で巡る特別ツアーを、6~9月にわたって計10回開催しました。
歴史・観光的名所のある市街地西部地域だけでなく、新鮮な食材がそろった「神戸の台所」として有名な神戸新鮮市場や、お好み焼き・そばめし等の店舗が周辺に並ぶ鉄人広場を巡るコースを、多くの方々にお楽しみいただきました。

小学生絵画コンクール・中学生作文コンクールの実施(6月20日~8月18日)

コンクール作品募集ポスター将来の神戸を担う子どもたちに交通事業への理解・関心を深めてもらうため、小学生を対象に“未来の市バス・地下鉄”をテーマに絵画コンクールを、中学生を対象に“誰もが安全・安心に乗車できる市バス・地下鉄”をテーマに作文コンクールを行いました。優秀作品については交通フェスティバルにて展示・表彰を行ったほか、受賞者には地下鉄西神・山手線の運転台への乗車体験に参加いただきました。

平成29年(2017年)7月

100周年記念パンフレットおよび記念動画の作成

記念動画画像神戸市営交通100周年の周知・PR事業の一環として、神戸市営交通100年のあゆみを写真や年表を使って紹介するパンフレットおよび記念動画を作成しました。動画のBGMには地下鉄沿線出身のデュオ、「にこいち」に楽曲提供いただいています。
パンフレット・記念動画ともに下記URLからご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

「路面電車を考える会」祝賀イベントへの参加(7月30日)

あいさつ写真平成29年7月30日(日曜日)に、広島の路面電車愛好団体「路面電車を考える会」の主催による神戸市営交通開業100周年祝賀イベントが広島市内で開催され、神戸市交通局からも2名の職員が参加しました。現地では神戸市電から広島電鉄に譲渡された車両に乗車し、久元神戸市長からのあいさつ文を読み上げました。

平成29年(2017年)8月

1号館2階市民ギャラリーでの写真パネル展開催(8月1日~6日)

オープニングセレモニー8月1日(火曜)~6日(日曜)まで、市役所1号館2階の市民ギャラリーで「神戸市営交通100周年懐かしの写真パネル展」が開催されました。夏休みを迎えた家族連れや、市電当時を知る世代の方々など、6日間で約2,000人もの方にご来場いただき、大盛況となりました。
初日の8月1日にはパネル展オープニングセレモニーが開催され、100周年関連商品を製作された民間事業者様(ANAクラウンプラザホテル神戸様、もふもふ堂様、日本郵便株式会社近畿支社様、神戸みのりの公社様、文明堂神戸店様)の商品を展示するとともに、商品贈呈式と、岸田局長からのあいさつがありました。また、8月1日限定でボンネットバスも特別運行され、たくさんの方に楽しんでご乗車いただきました。

神戸市営交通100周年PR(8月)

三宮駅の写真8月1日(火曜)に神戸市営交通100周年当日を迎えるに当たり、市バス・地下鉄の駅やターミナルにおいて、様々なPRを行いました。

(1)地下鉄西神・山手線三宮駅でのPR
三宮駅東出口の改札前で、柱巻や駅構内の壁面などを活用し、これまでの歩みや歴代の市電・地下鉄・市バス車両などの写真を掲出しました。

(2)地下鉄各駅と市バス主要ターミナルでののぼり掲出
地下鉄全駅と市バス主要ターミナルで、市営交通100周年と神戸開港150年のロゴを用いたのぼりを掲出し、PRを行いました。

(3)局職員による周知・PR
地下鉄車内・駅構内でのアナウンスにより、100周年を迎えることへの感謝の気持ちを発信しました。また8月1日当日は、地下鉄三宮駅など主要駅やバスターミナルで、職員自らが、ポケットティッシュを配布し、感謝の気持ちを伝える取り組みを実施しました。

平成29年(2017年)9月

100周年記念交通フェスティバルの開催(9月24日)

市長あいさつ写真9月24日(日曜)に、名谷車両基地にて「交通フェスティバル2017 in 名谷車両基地」が開催されました。今年度の100周年記念事業のメインイベントと位置づけ実施された当イベントは、晴天にも恵まれ、例年の2倍となる約12,000人にご来場いただき、とても盛大な催しとなりました。例年の地下鉄運転シミュレーター体験や検車庫ピットツアー、地下鉄・市バスの運転台見学などに加え、今年は100周年特別企画として神戸市営地下鉄・北神急行の車両写真撮影会や、100周年記念セレモニーなどを実施しました。

にこいち写真100周年記念セレモニーでは、久元神戸市長のあいさつや市営交通100周年記念動画の上映、地下鉄沿線出身のデュオ「にこいち」や須磨翔風高校和太鼓部による演奏などが行われました。また、6月から8月にかけ実施した、小学生絵画・中学生作文コンクールの表彰式や、絵画入選作品の展示も行いました。

平成29年(2017年)10月

御崎車両基地見学会の開催(10月21日)

御崎車両基地見学会10月21日(土曜)、御崎公園の地下に位置し、海岸線の各種点検を行っている「神戸市交通局御崎車両基地」において、初めての見学ツアーを開催しました。約1,050名の応募の中から抽選で100名にご参加いただき、基地内の見学だけでなく、洗車体験やクレーンによる車体吊り上げ見学などを行いました。

平成29年(2017年)11月

100周年記念企画神戸市営交通クイズ王決定戦!(11月4日)

クイズ王決定戦11月4日(土曜)に、市営交通100周年クイズ王決定戦を開催いたしました。当日は約130名の方にご参加いただき、電車の車内で予選を、西神中央プレンティ広場で決勝を、それぞれ開催しました。決勝では特別MCとしてテレビなどで活躍中の斉藤雪乃さんにもご出演いたただき、じゃんけん大会などで会場を盛り上げていただきました。

市バス車両工場フェスティバル~車両工場ってなんだろう~(11月12日)

市バス車両工場フェスティバル11月12日(日曜)に、普段は一般の方が立ち入ることのできない市バス車両工場を公開するイベント「市バス車両工場フェスティバル~車両工場ってなんだろう~」を開催しました。工場内では、神戸市バスの整備や車両検査装置の見学や、懐かしのボンネットバス特別運行、お子様向けのミニバス運行やゲームコーナーなどのイベントを行いました。
車両工場の一般公開は、西区ハイテクパークに平成2年に移転して以来初めてでしたが、当日は約1,200名のお客様にご来場いただき、大いに盛り上がりました。

平成29年(2017年)12月

車両連結&線路内施設見学会(12月2日、3日)

線路内施設見学会12月2日(土曜)深夜から3日(日曜)早朝にかけ、終電後の西神・山手線の線路内各施設や緊急時しか実施しない車両同士の連結を見学する「車両連結&線路内施設見学会」を開催しました。営業区間を利用し、深夜に行う初のイベントに、関東や四国などの遠方からも含め約500名もの方にご応募いただき、当日は当選した80名の方に参加いただきました。
名谷駅で地下鉄開業当時の記録映像を鑑賞した後、板宿駅では車両が故障したことを想定した車両連結を行い、12両編成で新長田駅まで走行しました。県庁前駅から三宮駅までは軌道内を歩くなど、地下鉄の「裏側」を数多く見学していただきました。

平成28年(2016年)

神戸市営交通100周年記念ロゴマークの決定(5月)

神戸市営交通100周年ロゴ神戸市営交通100周年を迎えるに当たって、これまで市バス・地下鉄をご利用いただいた皆様へ、「感謝」「感動」「楽しさ」を伝えられる企画を実現するため、皆様からアイデアとロゴマークを募集しました。多数のご応募をいただいき、左のとおりロゴマークが決定されました。

PRポスター・横断幕・なつかしの写真展示(8月1日~)

神戸市営交通が平成29年(2017年)8月1日で100周年を迎えるに当たって、1年前にあたる平成28年(2016年)8月1日より、駅でのポスター・横断幕の掲示等の100周年の広報を行っています。

「ボンネットバスで巡る兵庫区・長田区周遊ツアー」&「新旧ボンネットバス特別展示会in市バス車両工場」の開催(11月26日、27日)

11月26日(土曜)、市営交通100周年プレイベント「ボンネットバスで巡る兵庫区・長田区周遊ツアー」、及び27日(日曜)には「新旧ボンネットバス特別展示会」を開催いたしました。

市営交通100周年プレイベント「北区山田町重要文化財めぐり」

北区山田町の市バス111系統が走る路線の沿線に、国指定の重要文化財が数多く存在しています。交通局では、平成29年8月に市営交通100周年を迎えるにあたり、プレイベントとしてこれらの重要文化財を市バスで巡っていただくコースを企画しました。

市営交通100周年プレイベント「市バス45・103系統でいく酒蔵めぐり」

日本一の酒どころとして知られる灘五郷のうち、神戸市内には魚崎郷、御影郷、西郷があります。交通局ではプレイベントとして、市バス111系統でめぐっていただく「北区山田町重要文化財めぐり」に引き続き、第2弾として「市バス45・103系統で行く酒蔵めぐり」を企画しました。

その他の取り組み

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

交通局総務課 

〒652-0855 神戸市兵庫区御崎町1丁目2番1号 御崎Uビル