現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年10月 > スタートアップ・クリエイティブラボ入居企業マイキャン・テクノロジーズ株式会社総額1.89億円の資金調達を実施し、ウイルス感染症の重症化予測キット開発を加速

更新日:2021年10月26日

スタートアップ・クリエイティブラボ入居企業マイキャン・テクノロジーズ株式会社総額1.89億円の資金調達を実施し、ウイルス感染症の重症化予測キット開発を加速

ここから本文です。

scllogo

記者資料提供(令和3年10月26日)

 神戸医療産業都市では、日本初となるライフサイエンス分野のスタートアップ・エコシステムの構築に向けて、様々な事業を進めております。
 この度、スタートアップの拠点となるシェアラボ「スタートアップ・クリエイティブラボ(SCL)」に入居するマイキャン・テクノロジーズ株式会社が、合計 1.89 億円の第三者割当増資を実施いたしました。
 本増資により、同社は、iPS細胞由来不死化ミエロイド系細胞(iMylc細胞)製品を使用した感染症の重症化予測キットの製品開発を加速させる予定です。特に、デング出血熱や新型コロナウイルス感染症などのウイルス感染症に焦点を当て、体内にある抗体の質を測定することで重篤化を予測する新しいタイプの重症化予測キットを重点的に開発し、「感染症に怯えず暮らせる社会」の実現を目指します。

1.会社概要

(1)会社名:マイキャン・テクノロジーズ株式会社 
(2)代表者:代表取締役CEO 宮﨑 和雄 MiCANlogo
(3)設立:2016年7月
(4)URL:https://www.micantechnologies.com/home-2(外部リンク)
(5)事業概要:再生医療技術を用いて作製した「血球様細胞製品」の提供を通じた、感染症および免疫系疾患の研究用細胞の開発、販売

2.出資について

 リアルテックファンド3号投資事業有限責任組合、グロービス・アルムナイ・グロース・インベストメント1号ファンド、こうべしんきんステップアップ投資事業有限責任組合等を割当先とした合計 1.89 億円の第三者割当増資を実施。

3.スタートアップ・クリエイティブラボ(SCL)について

 スタートアップが研究開発を行う上で必要な研究機器を予め備え、初期投資を抑えて利用できるシェア型のウェットラボ。令和2年10月開設。登記可能なシェアオフィスも完備。 24時間365日実験が可能で、全国から集まるスタートアップは本施設に入居することで、神戸医療産業都市のソフト・ハード両面の支援を受け成長を加速する。
URL:https://kobe-scl.com/(外部リンク)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部医療産業都市部調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階