現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年5月 > アルツハイマー病発症メカニズムの正しい理解に基づく多角的治療戦略の提案 星美奈子博士の研究論文が英国薬理学会から高く評価され表紙を飾る

更新日:2021年5月21日

アルツハイマー病発症メカニズムの正しい理解に基づく多角的治療戦略の提案 星美奈子博士の研究論文が英国薬理学会から高く評価され表紙を飾る

ここから本文です。

fbrilogo

記者資料提供(令和3年5月21日)

 神戸医療産業都市推進機構(神戸市、理事長:本庶佑、以下「当機構」)は、星美奈子博士(当機構先端医療研究センター神経変性疾患研究部長)の研究成果が英国薬理学会誌『British Journal of Pharmacology』に掲載されましたので、お知らせします。
 星博士のこのたびの研究論文は、アルツハイマー病の根本的治療に結び付く画期的な提案として極めて高い評価を受けており、同誌はその卓越した貢献を称え、研究の一端を表紙に飾っています。
britishjournalofpharmoacology
↑英国薬理学会誌British Journal of Pharmacology表紙掲載(左)と卓越した貢献を称えるCertificate=証明書が授与された(右)

本研究のポイント

  • アルツハイマー病に対して高度な独自技術の蓄積が必要となる多角的治療戦略を提案した
具体的には
(1)次世代創薬で注目される中分子薬によりアミロイドβ( Aβ)凝集体表面とナトリウムポンプの相互作用を阻止
(2) 低分子薬によるナトリウムポンプ自体を活性化
(3)Aβの凝集体であるアミロスフェロイドを形成前に阻害し超早期医療を実現
の3つのアプローチ
  • 星博士は 神経細胞死のきっかけとなる毒性構造体とそれらが神経の活動に必要なナトリウムポンプの働きを阻害することを既に証明しており、ナトリウムポンプへのダメージを阻止する薬物候補の開発に成功している
パーキンソン病においても原因は凝集体によるナトリウムポンプの活性阻害であることから、このたびの治療戦略はアルツハイマー病を超えた波及効果が期待されます。
※研究成果等の具体的な内容につきましては、添付資料(PDF:675KB)をご参照ください。

発表者

星 美奈子
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構 先端医療研究センター神経変性疾患研究部長
drminakohoshi
東京大学大学院理学系研究科博士課程修了(理学博士)。国立精神・神経センターで研究員、三菱化学生命科学研究所において主任研究員などを務めたのち、2009年より京都大学大学院医学研究科・特定准教授。2011年4月より当機構の客員上席研究員を兼任し、2018年4月より現職。

お問合せ

(研究に関すること)
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
経営企画部 研究事業推進課
TEL: 078-306-0708 FAX: 078-306-0898
E-mail: kenkyu-fbri(末尾に @fbri.org をつけてください)
(報道(取材等)に関すること)
公益財団法人神戸医療産業都市推進機構
経営企画部 広報戦略課
TEL: 078-306-2231 E-mail: kbic-pr(末尾に @fbri-kobe.org をつけてください)
 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部医療産業都市部調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階