現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年5月 > シスメックスPCR検査センターの移転および、メディカロイドが開発した自動PCR検査ロボットシステムの稼働について

更新日:2021年5月18日

シスメックスPCR検査センターの移転および、メディカロイドが開発した自動PCR検査ロボットシステムの稼働について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年5月18日)

 神戸市がシスメックス株式会社(本社:神戸市、代表取締役会長兼社長CEO:家次恒、以下「シスメックス」)等と、令和2年6月に神戸医療産業都市のシスメックスBMAラボラトリー内に設置した全国初の官民連携によるPCR検査センターが機能拡充のため、西区のシスメックス研究開発センター内に移転し、5月17日から運用を開始しました。

 このシスメックス研究開発センター内には、株式会社メディカロイド(本社:神戸市、代表取締役社長:浅野薫、以下「メディカロイド」)が川崎重工業株式会社およびシスメックスと共同開発した自動PCR検査ロボットシステムが設置され、7月に稼働を開始する予定です。神戸市では新型コロナウイルス感染症の拡大に対応するため、自動PCR検査ロボットシステムの開発への支援を行ってきましたが、神戸市内でこれが社会実装されることとなりました。

sysmex      PCRrobot
        シスメックス研究開発センター                  自動PCR検査ロボットシステム(稼働準備中)
 

1.移転後のシスメックスPCR検査センターについて

(1)場所
    神戸市西区室谷1丁目1番2号(シスメックス研究開発センター)

(2)稼働状況
         令和3年5月17日(月)から運用開始
    ※自動PCR検査ロボットシステムについては7月に稼働開始予定

(3)検査能力等
         自動PCR検査ロボットシステム稼働後は1日1,500検体の処理が可能
         移転前のBMAラボラトリーで最大300検体実施していた神戸市の行政検査を引き続き行うほか、民間の検査機関として企業、医療機関等からの検体を
         受け入れ
 

2.自動PCR検査ロボットシステムについて

(1)開発者
         メディカロイドが川崎重工・シスメックスと共同開発
       (神戸市が開発・社会実装を支援)

(2)ロボットシステムの能力・効果
         ①8時間で1,250検体のPCR検査が可能(検査時間約80分を実現)
         ②ロボットシステムによるPCR検査の自動化で、検体処理能力の向上、検査作業者の感染リスク低減、検査工程の標準化による精度・品質向上が可能

 

報道関係者からのお問い合わせ先
PCR検査センターに関すること
シスメックス株式会社 IR・広報部 TEL:078-265-0500
自動PCR検査ロボットシステムに関すること
株式会社メディカロイド TEL:078-303-8770
市の検査体制に関すること
健康局保健所保健課 TEL:078-322-5305
自動PCR検査ロボットシステムの開発・社会実装への支援に関すること
医療産業都市部調査課 TEL:078-322-6374


 

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局医療・新産業本部医療産業都市部調査課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館23階