現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年7月 > 神戸市からの要請に基づく外部調査の結果について(公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構)

更新日:2020年7月30日

神戸市からの要請に基づく外部調査の結果について(公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構)

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年7月30日)
公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構

 令和元年6月12日付神戸市からの要請に基づき、公益財団法人神戸医療産業都市推進機構において不適切事案の存否等について調査を実施いたしました。不適切事案が疑われる事案についての調査結果を下記のとおり発表いたします。

 

1.不適切事案が疑われる事案の件数について

区分

件数(*1)

うち事実が

確認された件数

職場の秩序維持に関するもの

7

3

職務専念義務に関するもの

3

2

信用維持に関するもの

1

1

事務処理に関するもの

14

5

手当等の受給に関するもの

4

0

職員等への便宜供与に関するもの

4

0

(*1)外部弁護士事務所により設置及び実施された「臨時の情報提供窓口」及び「役職員へのアンケート調査」の結果、不適切事案が疑われると報告された件数

 

2.事実が確認された事案に対する是正措置等について

【職場の秩序維持に関するもの】

○事案1

概要:職員Aが、職員に対し不適切な言動を行った。

是正措置等:役員による口頭の厳重注意を行うとともに、ハラスメント対策方針を作成し、全職員に周知する。

○事案2

概要:職員Bが、ハラスメント調査に対し、不当に干渉した。(※1)

是正措置等:ハラスメント対策方針を作成し、全職員に周知する。

○事案3

概要:職員Cが、部下である職員に対し、指導の際に行き過ぎた叱責等を行った。

是正措置等:役員による口頭の厳重注意を行うとともに、ハラスメント対策方針を作成し全職員に周知する。

 

【職務専念義務に関するもの】

○事案4

概要:職員Bが、正当な理由なく重要な会議を欠席した。

是正措置等:改めて全職員に対し、職務専念義務について周知徹底する。

○事案5

概要:職員Dが、勤務時間中にコンビニエンスストア等で雑誌等の立ち読みをしていた。

是正措置等:役員による口頭の厳重注意を行うとともに、改めて全職員に対し、職務専念義務について周知徹底する。

 

【信用維持に関するもの】

○事案6

概要:職員A、Bが、外部の人物に対し、機構の内部情報や機構に対する誹謗中傷等を含むメールを複数回送信した。(※2)

是正措置等:改めて全職員に対し、内部情報の持ち出しに関する手続きや、職員の品位を保ち、機構の信用を傷つける行為を行わないよう、周知徹底する。

 

【事務処理に関するもの】

○事案7

概要:職員Aが、適正な手続きをすることなく業務用PCを外部に持ち出した。(※3)

是正措置等:改めてPC持ち出しの手続きについて周知徹底する。

○事案8

概要:競業取引において必要な手続きを取っていなかった事例があった。

是正措置等:改めて必要な手続きについて周知する。

○事案9

概要:出張旅費として、招聘元が費用負担した宿泊料を経費精算し、支払いを受けていたという事例があった。

是正措置等:宿泊料は返還させた。改めて適正な旅費の事務処理方法について、全職員に周知する。

○事案10

概要:職員Eが、見積り合わせを行った際、1社に対し受注可能性に関する情報を伝えた。

是正措置等:役員による口頭の厳重注意を行うとともに、改めて適正な見積り合わせの事務処理方法について、全職員に周知する。

○事案11

概要:勤怠管理システムの導入時に労働時間の切り捨てがあった。

是正措置等:システムの設定は変更済。不利益が生じていた職員に対しては、今後、不足分の支給を行う。

 

※職員Aについては、上記※2、3の2件から、減給処分(平均賃金の1日分の半額)とした。

※職員Bについては、上記※1、2の2件から、減給処分相当と認定した(職員Bは既に退職しているため、相当とした)。減給相当額(平均賃金の1日分の半額)については、今後自主返納を求める。

 

3.是正措置等について

  • 綱紀粛正を全職員に対して通知する。
  • ハラスメント対策方針を策定するとともに、設置済の内部通報窓口に加え、新たに機構内部にハラスメントに関する相談窓口を設置し、全職員に周知する。
  • 見積り合わせや出張時の経費精算について、適正な事務処理方法を全職員に周知する。
  • 勤怠管理システムの設定を見直す。

 

今回の調査で、多数の不適切な行為が確認されたため、今後、更なる「ガバナンスの強化」や、「働きやすい職場への改革」等を検討していきます。

なお、理事長、専務理事については、役員報酬の一部(理事長:減給10分の2、1か月、専務理事:減給10分の1、1か月)の自主返納を行います。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

公益財団法人 神戸医療産業都市推進機構
TEL:078-306-1700
FAX:078-306-1708