ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2022年7月 > 神戸市外国語大学生が中国語のコンテスト(全国大会)で優秀な成績をおさめ、日本代表に選出されました。

最終更新日:2022年7月19日

神戸市外国語大学生が中国語のコンテスト(全国大会)で優秀な成績をおさめ、日本代表に選出されました。

ここから本文です。

記者資料提供(令和4年7月19日)
 第3回全日本大学生中国語スピーチコンテストおよび第21回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト日本予選大会決勝戦が、6月18日(土曜)に早稲田大学にて開催されました。神戸市外国語大学中国学科3年生の井上太陽さんが特等賞、中国学科4年生の刀禰千春さんが審査員特別賞を受賞しました。
 特等賞を受賞した井上さんは、日本代表として中国で開催される世界大会に出場予定です。

1.コンテスト名

第3回全日本大学生中国語スピーチコンテストおよび
第21回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト日本予選大会決勝戦
(参考URL)http://scpj.jp/?p=1158(外部リンク)

2.開催日および場所

令和4年6月18日(土曜) 早稲田大学

3.主催者等

主催 日本華人教授会議
共催 日本孔子学院協議会
協力 教育部中外語言交流合作中心
後援 在日本中国大使館、東京都日中友好協会

4.受賞した学生のコメント

〇井上太陽さん
「「汉语桥」は世界で最も大きな中国語スピーチコンテストです。そこで日本予選で優勝を獲得し、本当に嬉しいです。次は日本の代表として、世界大会に向けて頑張りたいと思います!」

〇刀禰千春さん
「何度もスピーチの練習を見て下さった任先生、武術を教えて下さっている先生のお陰でこのような賞をいただくことができました。本当にありがとうございました!!100%満足のいく結 果とはならなかったので、9月からの留学を通してもっともっと成長してきます!」

shiryou1shiryou2

5.開催趣旨

 日中青年の相互理解と友好交流を促進し、日本の大学における中国語教育の発展に寄与するとの趣旨に基づき、日本人大学生の中国語の学力を競い合う舞台を提供するため開催されました。
 なお、今年は日中国交正常化50周年を祝う節目の年であるため、日中両国の民間交流を促進するために、2022年第3回全日本大学生中国語スピーチコンテストおよび第21回「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト日本予選が開催されました。

6.概要

 東北・北海道、東日本、西日本、南日本の4ブロック(予選区)に分けて予選を行い、各ブロックから優勝者を選出し、今年度は19名が東京決勝戦に参加しました。東京大会の決勝戦で、特等賞1名、一等賞1名、二等賞2名、三等賞4名、優秀賞10名をそれぞれ選出し、中国文化芸能の才能をもつ優勝者上位3名が「漢語橋」世界大学生中国語コンテスト中国決勝大会に推薦されます。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 0570-083330 または 078-333-3330

このページの作成者

企画調整局企画調整課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階