現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年5月 > 新型コロナウイルス感染症対策に向けた調査の結果について~子どもの生活及び買物・公園利用に関する調査~

更新日:2020年5月18日

新型コロナウイルス感染症対策に向けた調査の結果について~子どもの生活及び買物・公園利用に関する調査~

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年5月18日)
企画調整局企画課データ解析チーム

 

この度、新型コロナウイルス感染症対策としてアンケート調査を行い、その結果を取りまとめましたので、お知らせします。

1.調査対象

情報共有アプリ「KOBE ぽすと」をインストールしている方

2.調査概要

(1)子どもの生活に関する調査

【趣旨】学校の休校等で子どもが家で過ごす時間が増え、これによって生じる子どもの生活に関する心配事やご両親の負担等に関する調査

【実施期間】令和2年4月27日(月曜)から4月29日(水曜)

【回答者数】 1,488人

【主な調査結果】

  • 保育所・学童保育を利用していたと回答した方の70%が、休校等の影響により「自分」または「配偶者」が子どもの面倒を見ることとなっており、さらに「自分」が子どもの面倒を見ている人の職業を確認すると、「会社員」「公務員」の割合が増加していることから、仕事と子育てを両立している状況が示唆される
  • 子どもが家でテレビやゲーム、スマホを見る時間が増えている一方で、運動では50%、勉強では15%が「していない」との回答であり、体力・学力の格差が生じることが懸念される

(2)買物、公園利用に関する調査

【趣旨】在宅する機会が増加する中で、人が密集・密接する空間が生じることが懸念される買物施設や公園への外出状況に関する調査

【実施期間】令和2年5月1日(金曜)から5月6日(水曜)

【回答者数】2,328人

【主な調査結果】

  • 買物する際の移動手段は「徒歩・自転車」「自家用車」が96%を占めており、「家の近く」の買物施設を選ぶ割合が80%となっている。
  • 買物・公園利用ともに、外出する時間帯は朝から18時までの時間で分散しており、また外出頻度や滞在時間が「減った」という回答が多いことから、外出自粛を意識して行動していることが考えられる

3.集計結果

URL:https://www.city.kobe.lg.jp/a89138/coronataisaku.html

(新型コロナ対策データ解析サイト(神戸市ホームページ内))

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局企画課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階