現在位置

ホーム > くらし・手続き > 社会参画・地域活性化 > 男女共同参画 > 「こうべ男女いきいき事業所」大学生による情報発信

更新日:2021年4月1日

「こうべ男女いきいき事業所」大学生による情報発信

ここから本文です。

「こうべ男女いきいき事業所」を市内の学生に対して広くPRするため、また、若年のうちからワーク・ライフ・バランスについて考えてもらう機会を提供するため、令和元年度より市内大学と連携した取り組みを行っています。本年度は神戸学院大学(外部リンク)と連携し、下記3プログラムにおいて、13社の表彰事業所にご協力いただきました。


神戸学院大学と連携した「こうべ男女いきいき事業所」の情報発信

プログラム①
「こうべ男女いきいき事業所」をゼミ・実習科目にて学生がインタビューし、魅力を発信

大学生が自身の就職やキャリアを考える中で地元神戸の企業へ就職するという選択肢を広げるため、学生グループが表彰事業所の女性活躍やワーク・ライフ・バランスの推進に向けた取り組み等をオンラインでインタビューし、その魅力を若者の視点から発信することに取り組みました。インタビュー内容を基に作成したPR記事を紹介します。

 

プログラム②
「こうべ男女いきいき事業所」の取り組みから働き方を考える

主に1年次生対象の共通教育科目において、約3か月にわたり、共通教育科目(10クラス開講)において、表彰事業所(9事業所)が実際に抱える「働き方」に関する課題について、グループで情報収集・資料作成に取り組み、解決策を企業へ提案しました。
課題テーマ : 残業を少なくして、若手社員を成長させるにはどうすればよいか?
 男性の育児休業制度を促進するために必要なことは? など

プログラム③
「こうべ男女いきいき事業所」の取り組みを知る(公開講座)

市民および学生が自分自身のワーク・ライフ・バランスについて考え、神戸の企業の取り組みとその魅力を知る機会を作るため、表彰事業所(2事業所)の取り組み紹介と学生のディスカッションを共通教育授業「男女共同参画論」と連携し、公開講座として開催しました。

【表彰事業所の声】

  • 自社の取り組みが、就職を控える大学生に対してどのように思われているのか知りたかったので、興味深かった。

 

【教員の声】

  • 1年生の参加が多く、「働く」ことについての具体的なイメージを早い段階で学び、自分自身の理想的な働き方について考えることにつながったと思う。

 

【学生の声】

  • 今までは企業を選ぶポイントとして給料が良いことや安定している企業だったが、ワーク・ライフ・バランスの実現や男女平等を目指している企業に勤めたいと思った。
  • 理想とされる企業に共通していたのは女性がどれだけ働きやすい制度があるかだと思った。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314