現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年2月 > 自治体初!「GREEN×GLOBE Partners」への加入及び共創ワークショップの実施~環境・社会課題解決に取り組むコミュニティに加入しました~

更新日:2021年2月15日

自治体初!「GREEN×GLOBE Partners」への加入及び共創ワークショップの実施~環境・社会課題解決に取り組むコミュニティに加入しました~

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年2月15日)

本市は、三井住友フィナンシャルグループ(以下SMFG)が環境・社会課題解決を目的として設立したコミュニティに自治体として初めて加入いたしました。

また、実際の活動として、規模・業態を問わず多様な企業との共創を通じて、課題解決の機会を探索するワークショップを実施します。

1.「GREEN×GLOBE Partners(以下GGP)」について

(1)概要・目的

 2020年7月にSMFGが環境・社会課題解決を目的に設立した、『環境・社会課題の「意識」と「機会」を流通させる』ために活動するコミュニティです。

 事業会社、自治体、NPOなど様々なパートナーが、イベントやワークショップなどを通じて環境・社会課題解決に共感する仲間を見つけることを支援し、さらにはパートナーがアクションを起こしていくことで、社会的インパクトを創出することを目指します。

(2)加入パートナー

 規模・業態問わず多様な事業会社やNPO法人などの約60社・団体(令和3年2月5日時点)

(3)GGP 公式WEBサイト

 https://ggpartners.jp/

 ※GGPの詳細や直近の活動、環境・社会課題に関する記事をご覧いただけます。

2.共創ワークショップについて

(1)概要・目的

 神戸2025ビジョンにも掲げる「海と山が育むグローバル貢献都市」をテーマに、様々な参加者によるチームで課題を掘り下げながら、課題解決のアイデアを探索していきます。

 本ワークショップを通じて、環境・社会課題解決の意識と機会を流通させ、具体的なアクションを生み出すことを目指します。

 

テーマ ~海と山が育むグローバル貢献都市・神戸を考える〜

・神戸を医療系スタートアップの聖地に(スタートアップの集積、エコシステムの構築)

・空き地・空き家を活用して地域ににぎわいを(空き地・空き家の利活用)

・神戸に関わりたくなるまちづくり(関係人口創出・拡大、ふるさと納税の推進)

・サーキューラー神戸プロジェクト(下水道資源(再生リン)、小水力の導入、蓄電池、ブルーカーボン)

(2)実施予定日・場所

 3月3日 15時00分~(2.5時間程度)

 (Zoom、Miroを用いたオンラインワークショップ)

 ※ ワークショップの様子は、後日、GGP公式WEBサイトにて掲載する予定です。

(3)参加団体

 GGPにおいて募集し、3月1日頃を目処に決定されます。(16~20人程度)

(4)主催

 三井住友フィナンシャルグループ・神戸市

(5)告知WEBサイト

 https://ggpartners.jp/news/000070.html

 ※本ワークショップにご興味のある方は、告知サイトよりお問合せ下さい。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

企画調整局企画課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館12階