現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2021年2月 > 不妊に悩む方への特定治療支援事業の制度拡充について

更新日:2021年2月26日

不妊に悩む方への特定治療支援事業の制度拡充について

ここから本文です。

記者資料提供(令和3年2月26日)
本市では、高額な医療費がかかる特定不妊治療(体外受精・顕微授精)に要する費用の一部を助成しています。この度、国の制度拡充を受け、令和3年1月1日以降に終了した治療より、本市制度の一部を拡充し、出産を希望する世帯の支援を拡げます。

1.拡充の対象

令和3年1月1日以降に終了した治療が対象です。(令和2年12月31日までに終了した治療は拡充の対象外)

2.拡充内容

(1)助成上限額 :1回上限30万円 ※凍結胚移植(採卵を伴わないもの)及び採卵したが卵が得られない等のため中止したものは上限10万円 

(2)助成回数 :1子ごと6回(40歳以上43歳未満は1子ごと3回)

(3)所得制限 :撤廃(本市はH29年度より撤廃済)

(4)助成対象 :事実婚も対象

3.申請受付

令和3年3月1日(月曜日)から受付を開始します。

申請者の住所地を管轄する区役所・支所・西神中央出張所こども保健係にて受け付けます。

4.その他

既にご提出いただいた令和3年1月1日以降に終了した治療の申請については、拡充後の新制度を適用して助成いたします。

制度の拡充に伴い、追加書類の提出が必要となる方には、個別にご連絡いたします。

助成要件や必要書類などの詳細は、市HPに掲載しています。 https://www.city.kobe.lg.jp/a86732/kosodate/maternity/support/hunin.html

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階