現在位置

ホーム > 子育て・教育 > 子育てしやすいまち > 各種手当 > 児童手当 > 「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金」10万円の現金一括給付

更新日:2022年1月21日

「令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金」10万円の現金一括給付

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、高校生相当年齢までの児童を養育している子育て世帯(児童手当の所得制限限度額以上の世帯を除く)を支援するため、現金給付を実施します。
また、先行給付の5万円に加え、クーポン分5万円の現金一括給付を容認することを国が発表したことをふまえ、神戸市では10万円の一括給付を実施いたします。

目次


お知らせ

 
令和4年1月21日 新着 対象者と思われる方に対し、神戸市から申請書を順次発送中です。詳細は、支給対象者申請が必要な方をご覧ください。
令和4年1月17日   「問い合わせ先」に「よくある質問」を追加しました。
令和3年12月28日   よくある質問や手続き判定をまとめたチャットボット(外部リンク)を公開しました。
令和3年12月27日   本日、下記の対象者へ給付金を振り込みました
中学生以下の児童を養育されている、令和3年9月分児童手当受給者(令和3年9月生まれの児童は10月分。公務員の方は除く。)
②高校生相当年齢の児童を養育されている、令和3年10月分児童扶養手当受給者
令和3年12月22日   DV被害等により子どもと共に避難されている場合の申出者に支給できる要件及び申出期限について
令和3年12月10日   先行給付対象者の方の支給要件等について

対象児童・支給額

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童1人につき10万円

支給対象者

次の(1)から(4)までの要件をいずれも満たす方。

(1)平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童を養育する方。
(2)令和3年度(令和2年分)の所得が児童手当の特例給付(児童1人あたり月額5千円)受給水準未満の方。
(3)養育する児童の生年月日に応じ、下表の要件を満たす方。

児童の生年月日 公務員以外の方が満たすべき要件 公務員の方が満たすべき要件
平成15年4月2日から平成18年4月1日まで(高校生相当年齢) 令和3年9月30日時点で
・当該児童を養育している。      
・神戸市に自分の住民登録があった。(*ア)
・当該児童に配偶者がいない。
令和3年9月30日時点で
・当該児童を養育している。
・神戸市に自分の住民登録があった。(*ア)
・当該児童に配偶者がいない。    
平成18年4月2日から令和3年8月まで(中学生以下) ・当該児童に係る令和3年9月分の児童手当を神戸市から受給している。(*イ) ・当該児童に係る令和3年9月分の児童手当を勤務先の所属庁から受給している。(*エ)
・令和3年9月30日時点で神戸市に自分の住民登録があった(*ア)
令和3年9月 ・当該児童に係る令和3年10月分の児童手当を神戸市から受給している。(*イ) ・当該児童に係る令和3年10月分の児童手当を勤務先の所属庁から受給している。(*エ)
・令和3年9月30日時点で神戸市に自分の住民登録があった。(*ア)
令和3年10月から令和4年3月まで ・当該児童に係る児童手当を神戸市から受給している。(*ウ) ・当該児童に係る児童手当を勤務先の所属庁から認定されている(またはその見込みである)。
・上記の認定がされた時点で、神戸市に自分の住民登録があった(またはその見込みである)。(*ア)

(*ア)神戸市以外の市町村に住民登録があった方は、その市町村から当給付金が支給されます。手続き・スケジュール等については、その市町村にお問い合わせください。
(*イ)当該児童手当を神戸市以外の市町村から受給しているときは、その市町村から当給付金が支給されます。手続き・スケジュール等については、その市町村にお問い合わせください。また、当該児童手当をどの市町村からも受給していないときは、令和3年9月30日時点で当該児童を養育していることが要件となり、令和3年9月30日時点で自分の住民登録があった市町村に申請が必要です。
(*ウ)当該児童手当を神戸市以外の市町村から受給しているときは、その市町村から当給付金が支給されます。手続き・スケジュール等については、その市町村にお問い合わせください。
(*エ)勤務先の所属庁から児童手当を受給していないときは、令和3年9月30日時点で当該児童を養育していることが要件となります。

(4)上記(3)で「令和3年9月30日時点で当該児童を養育している」方については、次に該当する方。(時点はすべて令和3年9月30日時点)
・児童を養育する父母のうち、令和3年度(令和2年分)の所得の高い方。
・ただし、父母が離婚協議中等により別居している場合は、児童と同居している方。
・児童を養育する父母が1人の場合(ひとり親)は、その方。
・児童を養育する父母がいない場合は、父母以外で児童を養育する方(祖父母など)。
 
 【注意点】
・配偶者からの暴力を理由として児童とともに避難している方に当給付金が支給されるときは、他方の配偶者には当給付金を支給できません。
・高校生相当年齢の児童が令和3年9月30日時点で児童養護施設等に入所している場合や里親等に委託されている場合は、その児童養護施設等の設置者・里親等が支給対象者になります。令和3年10月1日以降に入所等をしたことが、当給付金を令和3年9月30日時点で児童を養育する方に支給する前に判明したときも、同様です。また、令和3年10月1日以降に退所等をしたことが、当給付金を児童養護施設等の設置者・里親等に支給する前に判明したときは、退所後に児童を養育する方が支給対象者になります。

手続きガイド(外部リンク)
ご自分が支給対象者であるかどうかを確認できます。

所得要件

‣支給対象者の所得要件については児童手当の制度を活用することとされています。
‣児童手当の支給対象外である高校生相当年齢の児童を養育されている方についても所得要件は同じとされています。
・児童手当の所得制限限度額

扶養親族等の数 所得制限限度額
(万円)
収入額の目安
(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1,002.0
5人 812.0 1,040.0

‣児童手当の所得要件に関してはこちら(児童手当のページ)をご確認ください。
・所得の計算式についてはこちら(PDF:116KB)をご確認ください。

手続き・支給スケジュール

(1)申請不要で支給する方
 ア 下表のいずれかに該当する児童の分
   令和3年12月27日に支給済です。
児童の生年月日 公務員以外の方 公務員の方
平成15年4月2日から平成18年4月1日まで(高校生相当年齢) ・令和3年10月分(令和3年12月までに支給済)の児童扶養手当の対象児童
・下欄の(A)または(B)と併せて養育している児童
令和3年10月分(令和3年12月までに支給済)の児童扶養手当の対象児童
平成18年4月2日から令和3年8月まで(中学生以下) 令和3年9月分(令和3年10月に支給済)の児童手当の対象児童(A)  
令和3年9月 令和3年10月分の児童手当の対象児童(B)  

 注1:振込先は、児童手当・児童扶養手当の各指定口座です。両方を受給している場合は児童手当の指定口座です。
 注2:上表の(A)または(B)について児童手当の現況届が未提出の場合は、現況届が区役所に提出された後に当給付金を支給します。現況届が未提出の状態が続くと、当給付金を支給しないことがありますので、早急にご提出ください。

 イ 公務員以外の方のが養育する児童のうち、令和3年10月から令和4年3月までに生まれた児童の分
当該児童に係る児童手当の請求が認定された後に、当給付金の支給案内を順次発送し、児童手当の指定口座に振り込みます。
受給を辞退される場合は、辞退届(EXCEL:26KB)をダウンロードの上、必要事項を記入し、下記送付先に郵送ください。
・送付先:〒650-8570 神戸市こども家庭支援局家庭支援課子育て世帯特別給付金担当
・提出期限:支給案内に記載されたとおり

(2)申請が必要な方

 上記以外の児童の分(高校生相当年齢の児童で(1)に該当しない分、公務員が養育する児童で(1)に該当しない分等)は申請が必要です。
 支給対象者と思われる方には、神戸市から申請書を順次発送中です。
 令和4年1月末頃までに神戸市から申請書が届かない場合は、神戸市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンターにお問い合わせください。
 
 ア 申請締切日
  令和4年3月31日(木)
  ただし令和4年3月生まれの新生児については、令和4年4月15日(金)
  郵送申請の場合は当日消印有効
 イ 申請方法
 (ア)オンライン申請方式
  神戸市から発送した申請書に、申請者・対象児童が印字されていて修正の必要がない方のみ対象。
  詳細は神戸市から発送した申請書をご覧ください。
 (イ)郵送申請方式
  申請書に記入し、必要書類と一緒に郵送する方法。
  詳細は神戸市から発送した申請書をご覧ください。
  申請書に同封されている返信用封筒でご提出ください。

■ 各区・支所の窓口や提出用封筒に記載されている宛先に持参いただいても受け付けはできませんので、ご了承ください。

 ウ 注意事項
神戸市から発送した申請書の宛先は、令和3年9月30日現在で神戸市に住民登録のある児童の世帯に属する、世帯主またはその配偶者としています。そのため、宛先に記載されている方は、実際に支給対象者になれる方と異なる場合があります。

・令和3年9月30日現在で神戸市以外の市町村に住民登録がある児童については、神戸市では把握できませんので、申請書を発送していません。当該児童を養育する支給対象者の方は、神戸市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンターにご連絡いただき、申請書をお取り寄せください。

・神戸市では、子育て世帯への臨時特別給付金の一部業務を委託しています。そのため、返信用封筒の宛先やお問い合わせ先などが、神戸市役所の住所・電話番号と異なっています。詐欺などではありませんので、ご安心ください。
※申請書は白地にオレンジの文字の定形(長形3)封筒で届きます。

手続きガイド(外部リンク)
申請が必要かどうかを確認できます。

その他

(1)DV被害等により子どもと共に避難されている場合
申出の受付は令和4年1月5日に終了しました。
申出書の提出がまだの方は令和4年2月28日までに必ずご提出ください。


‣ただし、既に、配偶者への支給手続きが完了しており不支給処理が間に合わない場合は、DV避難者への支給は行えません。
‣支給手続きの状況は、配偶者居住地の自治体によって異なりますので、申出をされても受給できない場合があることを、あらかじめご了承ください。

【申出者に支給できる要件】
(1)申出者及びその児童が、以下(A)および(B)のどちらの要件も満たす場合
(A):以下の2点のどちらかに該当すること
・国民健康保険法上、配偶者と別の世帯に属し、国民健康保険に加入していること
・健康保険法、船員保険法、国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法の規定による配偶者の被扶養者となっていないこと
(B):以下の3点のいずれかに該当すること
・配偶者に対し、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に基づく保護命令(接近禁止命令又は退去命令)が出されている場合
・配偶者暴力相談支援センター等による「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」等が発行されている場合
・令和3年10月1日以降に神戸市内に住民票を移され、住民基本台帳上、支援措置の対象となっている場合
(2)上記の場合以外に、申請者と児童が母子生活支援施設に入所しており、配偶者と児童との間に生活の一体性がないと認められる場合など、配偶者が、監護又は生計要件を満たさないと客観的事実に基づき判断できる場合

(2)注意事項

「振り込め詐欺」や「個人情報の搾取」にはご注意ください。
神戸市からは、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすること・支給のための手数料の振込を求めること・クレジットカードや預金通帳をお預かりすること・暗証番号を教えてほしいということは絶対にありません。
 

他の給付金

低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯・ひとり親世帯以外)についてはこちら

問い合わせ先

コールセンターがつながりにくい状況になっています。
まずは、よくある質問をご覧いただきますようお願いいたします。


よくある質問
Q:高校生の給付金を申請したい
A:令和4年1月中旬以降に申請書を送付します。もうしばらくお待ちください。

Q:高校生の給付金を申請したいが、所得制限はあるのか
A:児童手当と同じ所得制限があります。限度額を超えると対象外になります。
   児童手当の所得要件に関してはこちら(児童手当のページ)

Q:今回の給付金の対象者である児童手当受給者とはどういう人か
A:児童手当を受給している人です。受給するには所得制限があります。
 特例給付の受給者は対象外です。児童手当の通知書をご確認ください。
 児童手当の所得要件に関してはこちら(児童手当のページ)

神戸市子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター
電話番号:078-277-3322 FAX番号:078-322-3119
対応時間:平日8時45分~17時45分(土・日・祝日は受付時間外です)

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階