現在位置

ホーム > 市政情報 > 記者発表資料 > 記者発表2020年10月 > オレンジリボン・パープルリボンキャンペーン(児童虐待防止・女性に対する暴力をなくす運動)の実施

更新日:2020年10月30日

オレンジリボン・パープルリボンキャンペーン(児童虐待防止・女性に対する暴力をなくす運動)の実施

ここから本文です。

記者資料提供(令和2年10月30日)

趣旨

11月は子ども虐待について早期発見と発生の予防を訴えるための「児童虐待防止推進月間」であるとともに、配偶者やパートナーからの暴力など女性の人権を侵害する暴力の根絶を訴える運動の啓発期間です。神戸市では、市内各所において、啓発映像の公開、ラジオでの啓発、シンボル施設のオレンジ・パープルカラーライトアップ等を行うことで、市民へ児童虐待・DV防止を呼びかけ、オレンジリボンとパープルリボンを一体的に啓発します。

1.期間

令和2年11月1日(日曜)から11月30日(月曜)

2.内容

(1)啓発映像の公開

新型コロナウイルス感染症予防の観点から、例年実施しているオレンジリボンウォークは実施せず、11月中、神戸市HPや市内デジタルサイネージ、大型ビジョン等で動画・静止画を順次放映します。
①神戸市HP(児童虐待・DVについての相談窓口案内ページ)
https://www.city.kobe.lg.jp/a86732/kosodate/sodan/consult/b002b/index.html

https://www.city.kobe.lg.jp/a86732/kurashi/activate/cooperation/dv/dvmadoguti.html
②神戸市SNS(Twitter、Facebook)
③デジタルサイネージ
・神戸市営地下鉄名谷駅、学園都市駅、西神南駅、西神中央駅
 JR三ノ宮西口、阪神電鉄神戸三宮駅
④映画館(指定映画:STAND BY ME ドラえもん2)
・OSシネマズミント神戸、OSシネマズ神戸ハーバーランド
⑤市内大型ビジョン
・神戸ハーバービュー、三宮センター街大型スクリーン

(2)ラジオでのオレンジリボン・パープルリボンキャンペーンの啓発

期間中、ラジオ関西・kiss FM KOBEにおいてスポットCMを放送します。

(3)シンボル施設のオレンジ・パープルカラーライトアップ

・オレンジカラー
①神戸ハーバーランドumieモザイク大観覧車、BE KOBEモニュメント
日時:令和2年11月1日(日曜)から3日(火曜)日没後
・パープルカラー
①フラワーロード・BE KOBEモニュメント
日時:令和2年11月12日(木曜)日没後
②神戸ハーバーランド umie モザイク大観覧車、明石海峡大橋
日時:令和2年11月21日(土曜)日没後

(4)日本郵便株式会社とメリケンパークオリエンタルホテルとの連携事業

11月中、神戸市内の郵便局職員、メリケンパークオリエンタルホテル従業員の方々に、業務中リボンを着用いただきます。

(5)花時計ギャラリーへのポスター等の掲出

・場所:さんちか通路 花時計ギャラリー(中央区加納町)
・期間:令和2年11月5日(木曜)から11月11日(水曜)
    令和2年11月19日(木曜)から11月25日(水曜)

(6)トイレットペーパー作戦(パープルリボン独自企画)

啓発コピーと相談先を印刷したトイレットペーパーを下記の施設の女性用トイレに設置します。
・場所:神戸大丸店、ダイエー神戸三宮店、イオン神戸北店、イオンスタイル神戸南店・イオンスタイルumie店
・期間:令和2年11月3日(火)から ※無くなり次第終了となります。

参考1 オレンジリボン運動とは

平成16年、栃木県小山市で起きた子ども虐待死亡事件をきっかけに同市内の市民グループが始めた。現在は、NPO法人児童虐待防止全国ネットワークが主体となり、厚生労働省との協働により全国的な活動に広まっている。

参考2 パープルリボン運動とは

1994年にアメリカで発祥した、DVなどの個人間の暴力や虐待の防止と啓発を目的とした運動。紫のリボンは、女性に対する暴力を許さないという思いを表し、被害者に勇気を与えるものである。
内閣府では、11月12日から25日の間で実施されているが、神戸市では期間を拡大して実施する。

お問い合わせ先

市政、くらし、各種申請手続でわからないことは神戸市総合コールセンターにお電話ください

電話 078-333-3330 Fax 078-333-3314

このページの作成者

こども家庭局家庭支援課 

〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所1号館7階